Posted at

工数見積の際に子供の看護リスクを織り込む計算式

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

あるプロジェクトにアサインされたエンジニアに子供がいる場合、子供の病気・怪我の看護などで稼働不能になる場合があります。

スケジュール管理のために工数見積を出す場合(クライアントに出す見積もりとは別)、予めこのリスクを織り込む計算式を作成しました。

※なお、各値は私の経験上の概算値であり、統計的有意性のある値ではありません。どなたか関連する統計をご存じの方は情報をお願いします。


加算値

子供の年齢
リスク加算値(r)

0 - 3
+0.04

4 - 8
+0.02

9 -
+0.01


調整係数

条件
調整係数(x)

12 - 2月
+0.2

6 - 7, 9月 (8月は夏休みで怪我が増えるため除外)
-0.2

パートナー等と看護をシェアできる場合
-0.1 ~ -0.9


計算式

シビアに見積もった工数をdとした時の計算式:

d + d(( r1 [ + r2 … + rn] ) * x1 [* x2] )


例)1, 3, 5歳の子供がいて、夫婦で看護を半々にシェアできるエンジニアの当初の見積工数が30人/日、時期は1月~2月の場合

30 + 30 * (( 0.04 + 0.04 + 0.02 ) * 1.2 * 0.5 ) = 31.8

ということで計算後の見積工数は32人/日ということになります。


さいごに

半分ネタで半分本気です :jack_o_lantern: :ghost: