Azure
kintone
Translator

kintone から Azure の Translator Text API を使う

More than 1 year has passed since last update.

Cyboze kintone をカスタマイズし、Translator Text API を呼び出す。
これにあたり、kintone で用意されている API を使う。
( Node.js や jQuery も使えるらしいのだが、あまりに知識がなく>< )

参考

実装

仕様(なんちゃって仕様)

  • 新規「保存」処理で翻訳している。(編集時には翻訳してない)
  • 「日本語」に入力した値を英語に翻訳して、「英語」に設定する
  • 言語は、ja => en 固定としている(簡単のため)

実装上のポイント

  • kintone.Promise を用いて、非同期処理の終了を待つ
  • kintone.proxy を用いて、https リクエストを発行する
(function() {
    "use strict";

    // レコード追加画面の保存前処理
    kintone.events.on('app.record.create.submit', function(event) {
        var record = event.record;
        var text = record["日本語_0"]["value"];

        var subscriptionKey = "アクセスキーを設定してください";
        var options = 'https://api.microsofttranslator.com/v2/http.svc/Translate?' + 
                '&from=ja' +
                '&to=en' +
                '&text=' + text;

        return new kintone.Promise(function(resolve, reject) {

            kintone.proxy(options, 'GET', {'Ocp-Apim-Subscription-Key': subscriptionKey}, {
            }, function(body, status, headers) {

                //success
                const data = body;
                const translated = data.replace(/<("[^"]*"|'[^']*'|[^'">])*>/g, '');
                record['英語_0']['value'] = translated;
                resolve(event);

            }, function(error) {

                //error
                alert("error: " + error); //proxy APIのレスポンスボディ(文字列)を表示
                resolve(event);

            });

        });
    });

})();

とても気に入らないこと

  • アクセスキーは環境変数化できないものか。。