Java
Eclipse

eclipseのSave Actions(保管アクション)を設定する

More than 5 years have passed since last update.

Javaに限らず、ソースコードの整形(フォーマット)に手を取られるのはムダなことです。

最近のIDEは自動整形を当然のように備えていますが、自動整形を自動で実行するのが、eclipseの Save Actions(保管アクション)

Save Actionsをうまく使えば、ソースコードの整形だけでなくいろんな処理をソース保存時に行えるようになります。

初めはソースが勝手にごそっと書き換わるので戸惑いますが、慣れると機械的な作業に一切手を取られなくなるので劇的にコーディングが早くなります。


設定箇所

eclipseの 環境設定 から設定します。

Java → Editor → Save Actions


設定内容

最低でも次の2つは有効にしておきましょう。


  • Format source code

  • Organize imports

これでソース保存時にソースコード整形とimport文の整理が行われます。

これに加えて、私は次のような設定を追加しています(抜粋)。


  • フィールドアクセスにthisを保管

  • 各変数に可能な限りfinalを付与

  • 不要なキャストを除去

  • メンバのソート

  • 空白文字の統一

などなど・・・

結局のところ Clean up で行うのと同じことをやりたいのですが、Save Actionsに「Clean upと同じことを行う」という設定がないので、別途設定するしかないのです。

この点は非常に残念。


まとめ

Save Actionsをうまく使って機械的作業から逃れ、人間にしか出来ない作業に没頭出来る環境を手に入れましょう!