pinataを利用してDocker for Macに与えるメモリ・CPU数を増やす

  • 14
    いいね
  • 0
    コメント
この記事は最終更新日から1年以上が経過しています。

Docker for Mac configuration

現在private betaで公開されているDocker for MacではデフォルトでCPU2つとメモリ2GBが割り当てられている.このままだとLLVMとかPCLのmakeが終わらない(2時間とかかる)ので,設定を弄りたい.Docker for MacはGUI上からメモリ量を変更できる.

image.png (66.4 kB)

…と,見せかけて,このスライダーはVersion 1.11.0-beta8 (build: 6072)時点では動作しない.設定はCUIから操作する必要がある(チェックボックスたちは動いてるっぽい).

pinata

pinata - manage the Docker.app configuration databaseなるツールがDocker for Macには存在する.これを利用すればメモリとCPUの設定を弄ることができる.
まだExperimental Featuresらしい.細かいことは公式のドキュメントを参照.

どうでもいいけどpinataって名前がかわいい.

pinata list

pinata listというコマンドで現在のconfigurationを確認できる.メモリやCPU数はhypervisornativeに設定されている(初期値は(memory=2, ncpu=2)).

$ pinata list
🐳  hypervisor = native (memory=2, ncpu=2)
   The Docker.app includes embedded hypervisors that run the virtual machines
   that power the containers. This setting allows you to control which the
   default one used for Linux is.

 ▸  native: a version of the xhyve hypervisor that uses the MacOSX
              Hypervisor.framework to run container VMs. Parameters:
              memory (VM memory in gigabytes), ncpu (vCPUs)

pinata set

pinata setを利用して値を書き換える.

$ pinata set hypervisor native memory=4 ncpu=4

なお,GUI上には設定が反映されないので注意.

References