Edited at

Implicit Invocation (暗示的な呼び出し) について (Actions on Google/Google Assistant)


Implicit Invocation とは

Implicit Invocation とは、「ユーザーの暗示的な呼び出しに、アクションを反応させる」ことです。

例(スクリーンショット):

Screenshot_20181201-111643_Google.jpg


Google Assistant のアクションのユーザー数を増やす際の問題

Google Assistant 用にアクションを作成した際の問題の 1 つが、「どうやってアプリを知ってもらうか(Discoverability)」です。

アプリの名前を知ってもらっていないと使われないため、「アプリ名を知ってもらう工夫」が必要、という問題があります。

Implicit Invocation (暗示的な呼び出し) は、その問題の 1 つの解決策です。

一言で言うと、「ユーザーの暗示的な呼び出しに、アクションを反応させる」ことです。

本記事では Implicit Invocation を、「満月博士」というアクションの例で説明します。

「満月博士」は、次の満月の日や、今日が満月かどうかを答えられる Google Home/Google Assistant 用のアクションです。


コンテンツ:


  • Implicit Invocation とは

  • 設定方法

  • 実際の成果

  • 感想


Implicit Invocation とは

再掲ですが、Implicit Invocation とは、「ユーザーの暗示的な呼び出しに、アクションを反応させる」ことです。

例(スクリーンショット):

Screenshot_20181201-111643_Google.jpg

例 (満月博士の場合):

ユーザーが Google Home/Google Assistant に「次の満月はいつ?」や「今日は満月?」というようなクエリを投げかけたとき、 Google 自体に答えさせるのではなく、「満月博士」に回答を促すように設定できます。

詳細:https://developers.google.com/actions/discovery/implicit

これを行う事により、ユーザーが「満月博士」を知らなくてもアクションが呼び出されるようになります。


設定方法

詳細は Implicit/Explicit Invocation ~ Actions on Gogoleの呼び出し方を考える AoGを一発で呼び出すために ~ が詳しいです。

対象のインテントを、 Implicit Invocation として使う設定をします。

Dialogflow 側及び Actions on Google 側両方で設定が必要なのでどちらも対応ください。


成果

11 月の呼び出し数です。11/23 は満月だったため、呼び出しが増えたことがわかります。

スクリーンショット 2018-12-01 11.33.09.png

特に、「次の満月はいつ」というキーワードによく反応していることがわかります。

スクリーンショット 2018-12-01 11.38.05.png


感想

こちらを利用することで、ユーザーがニーズを欲した瞬間「マイクロモーメント」を確実にアクションで満たすことができます。

Google Assistant の良さの 1 つである「すぐに、簡単に」情報を得られる、という部分を有効活用できるかと思います。

ぜひ使ってみてください!


追記

(20181203 追記)Entity を利用する場合は、 Entity と日本語の間に半角スペースを入れる必要があります。

https://developers-jp.googleblog.com/2018/03/exp-imp-invocations.html

(ご指摘ありがとうございます!)