Edited at

Vagrant+Amazon Linux

More than 1 year has passed since last update.


最新のAmazonLinuxのboxを持ってくる(Virtualbox Only)

vagrant init mvbcoding/awslinux

vagrant up --provider virtualbox


指定のバージョンをboxに追加してそれを使う

vagrant box add amzn-linux-2017.03 https://atlas.hashicorp.com/mvbcoding/boxes/awslinux/versions/2017.03.0.20170401/providers/virtualbox.box


AWS EC2 に AmazonLinux を起動してプロキシを起動

上記のみだと、AmazonLinux向けのRPMレポジトリが参照できないので、yumをプロキシするためにAWS上にAmazonLinuxのEC2を適当に起動して、tinyproxy を起動します

※ tinyproxyのデフォルトポートは 8888 です、 アクセス元のIPとかセキュリティグループで制限しておいた方がいいです


tinyproxy を EC2(AmazonLinux) へインストール

sudo yum -y install epel-release.noarch

sudo yum -y install --enablerepo=epel tinyproxy
sudo service tinyproxy start


Vagrant上のyum.confへプロキシ設定追加

echo 'proxy=http://<AWS EC2 IP ADDR>:8088' >> /etc/yum.conf


参考