Help us understand the problem. What is going on with this article?

Mackerelをつかってみた

Mackerelって??

管理してるサーバをZabbixで監視しようと思いつつ面倒だと放っておいたら、「はてなブログ」でお馴染みのはてなさんが提供しているMackerelというサービスをみつけました。
https://mackerel.io

MackerelはSaaS型のサーバ監視サービスで、ホストにエージェントをインストールするだけで監視することができます。

Zabbixではデータの集約のためにZabbixサーバを構築しなければいけませんがMackerelではその必要がありません。
Mackerel.png

使ってみた

新規ホストの登録

新規ホストの登録から使っているOSを選びコマンドをコピペします。
エージェントの設定はこれだけで終了です。

スクリーンショット 2019-01-22 15.52.43.png

sudo journalctl -u mackerel-agent.serviceでログを確認できます。

-- Logs begin at Sun 2019-01-20 15:49:05 JST, end at Tue 2019-01-22 18:19:43 JST. --
Jan 22 15:52:06 <hostname> systemd[1]: Starting mackerel.io agent...
Jan 22 15:52:06 <hostname> systemd[1]: Started mackerel.io agent.
Jan 22 15:52:06 <hostname> mackerel-agent[18506]: 2019/01/22 15:52:06 INFO <main> Starting mackerel-agent version:0.59.0, rev:d4781f5, apibase:https://api.mackerelio.com
Jan 22 15:52:14 <hostname> mackerel-agent[18506]: 2019/01/22 15:52:14 INFO <command> Start: apibase = https://api.mackerelio.com, hostName = <hostname>, hostID = <hostid>

サービスを作成する

サービスを作成します。
DBサーバやWebサーバなど同じサービスで運用するものをまとめるものです。

ロールを作成する

ロールを作成します。
要はタグのようなものでDBサーバや、Webサーバなどのタグ付け的なことができます。

ホストとロールの紐づけ

Hostsタブをクリックして、ホストのサービス/ロールをクリックするとホストにロールを設定できます。

感想

大学の講義が早く終わって少し暇だったのでやってみました。
30分くらいかかると思ったらものの10分くらいでできたのでよかったです。
自宅の仮想マシンにもじゃんじゃん入れてみます。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away