Help us understand the problem. What is going on with this article?

Rails5.1のwebpack実装、webpacker gem簡単解説

More than 3 years have passed since last update.

はじめに

DHHがRails5.1にwebpackを取り入れる意向を示し、その実装としてwebpacker gemを提案しました。
まだ最低限の方針が示されただけで機能は全然足りてませんが(コミットチャンスですよ!!)、どんな実装になっているか軽く見てみました。

リポジトリ, PR

webpacker gem: https://github.com/rails/webpacker
PR to Rails: Basic --webpack delegation to new webpacker gem

内容

注: あくまで2017/1/18現在の話で、これから多くの変更が入ることになります

参考実装

https://github.com/gauravtiwari/rails-webpacker

このリポジトリを見ればReact, Angular, Vueでの実装例がわかりますので、webpackerを導入する前に一度見てみるといいかも

雑感

実装はまだ最低限ですが、webpackをシンプルに利用できるインターフェースが提供されていて非常に良いと思いました。

また、先日「5.1にwebpackが入りそう」という話が出た際に「webpackでいいのか?」という意見が何件か見られましたが、まず大前提としてこの機能はオプションですし、さらにこのwebpacker gemはロックインする何かを作るわけではなさそうなので、webpackが廃れたり別に何かもっといいものが出てきたならば、それはその時に誰かが(あなたが)webpackerと同じように拡張を書けばいいだけだ、ということを伝えるモデルケースとしてもうまくできていると思いました。

さあ、方針はわかったと思うのでみなさんコミットしましょうね

repro
世界59か国6,500以上の導入実績を持つCE(カスタマーエンゲージメント)プラットフォーム「Repro(リプロ)」を提供
https://repro.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away