Help us understand the problem. What is going on with this article?

Pymel Control panel

More than 3 years have passed since last update.

な なんじゃこりゃあメモ

これはなに?

PyMELのgithubページの、
pymel > maintenance にあった「pymelControlPanel.py」

https://github.com/LumaPictures/pymel/blob/master/maintenance/pymelControlPanel.py

起動

import sys
sys.path.append('/path/to/downloadFolder')
import pymelControlPanel as pcp

pcpui = pcp.PymelControlPanel()

スクリーンショット

スクリーンショット 2016-05-22 19.53.55.png

備考

  • 左カラムはノードのリストっぽいです。選択すると中央カラムに読み込まれます。読み込みには数秒かかります。
  • 起動時にpymelControlPanel : could not find class Substance #みたいな警告がでたやつは、触ってもなにも起きません。
  • 右カラムのリストは、出るやつとでないやつがあります。Transformノードではいろいろ出てますが、fileノードではなにも現れませんでした。

Cache Results?

追記です。
スクリーンショット 2016-05-22 20.55.42.png

UIを閉じるときにこういうのがでました。
ということは、Yesにしたらそれが今後反映されるってことですかね。本当にPyMELの挙動をメンテするのに使えるってことでしょうか。
チキンなのと、いまは時間とって確認とかできないので、今回はNoにしました。

まとめ?

maintenanceフォルダにあるくらいだから、メンテナンス用なんでしょうね。
そのうちちゃんと眺めたいような気がします。

READMEちゃんと読もうという話し

README
https://github.com/LumaPictures/pymel/blob/master/maintenance/README.md

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした