Web
転職
SIer

SIerからWeb業界に転職した話


経歴


  • 2013年新卒で独立系弱小SIerに就職

  • 5年弱働いて9プロジェクトに参画(ほぼWebシステム)

  • 基本情報技術者

  • 思い出せる範囲での保有スキル:Java(SE 7、SE 8、Struts、Spring)、JavaScript(jQuery、BackBone.js、NodeJS)、PHP、VB.NET、HTML、CSS、PostgreSQL、MySQL、ORACLE

  • Eclipse、Visual Studio、Git、SVN、Redmine

  • 2018年Web業界に転職


なんでSIerに就職したの


  • なんかすごい景気悪くて(人のせいにするな)就職先が見つからなくて迷走

  • まぁIT業界で食いっぱぐれる事はないだろうという安易な考え


働いてみて


思ったこと


  • 短期間で現場変わって全部リセット(場所、人間関係、言語、etc)


続・思ったこと


  • 人売りITって自分の力じゃどうにもならないところで色々なことが決まってゆきますよね


続・思ったこと2


  • こんなんただのコードく書く機械じゃん

  • 幾らでも代替え効くし...


ちくしょう、転職だ

job_computer_technocrat.png

でも、転職ってどうやるんだ??:worried::worried::worried:


とりあえずエージェントに相談だ

というわけで、エンジニアの転職に強いらしい

レバテックキャリアさんに登録して面談しに行きました。

BtoC、CtoCのサービスを自社事業でやってる会社がいい!!!(漠然)

と伝えたら、その日のうちに条件に合う会社を30社ほど紹介していただいて

履歴書のフォーマット等も貰えました。

前職では現場にアサインするたびにスキルの棚卸しをしていたので、

スキル面の書類作成は時間をかけずに行うことができました。

逆に転職理由や志望動機などはめちゃくちゃ時間がかかりました。

面接の日取りはエージェントとやりとりすることでサクサク決まっていきました。

在職中の日程調整はなかなか大変なので助かりました。


面接

新卒のときよりフランクです。

ある程度技術的な知識を持った上での面接なので、

受け答えに困るような質問はなかったですね。


筆記試験

1社だけありました。

情報処理技術者試験に出るような16進数がどうとかいう問題から、

「あなたが知っている言語で○○を実装してください」といったコーディングを試す問題も出ました。


気をつけていたこと

転職理由ってどうしてもマイナスの理由を言いたくなる(自分でわかってても)んですよね。

フランクな空気感だと愚痴が出やすくなってしまうので気をつけました。


結果

1ヶ月ちょっとで現職に内定しました。

エントリー:6社

書類通過:5社

一次通過:4社(途中辞退1社)

内定:1社

不合格:1社(未受験2社)


内定したのに退職できない!?

転職活動中に次の現場をアサインされて退職に非常に手間取りました。

SIerあるあるなのでしょうか。


在職中 or 退職してから問題

エージェントに登録すると、企業とのやり取りはほとんどやってくれるので、

在職しながらでも比較的負荷が少なく転職活動ができたなと思いました。

SIerの場合、公表せずに転職活動をしているとアサインされるタイミングが悪くて

私のように辞めるのにもめることがあるかもしれないです。

スキルに自信があって当面の生活費が工面できるのであれば、

辞めてから転職活動をするのも全然アリなのではないでしょうか。


現在

新しいサービスをつくる部署のエンジニアになって半年がたちました。