33
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

TensorFlow環境構築

この記事について

TensorFlowの導入方法についてご説明致します。WindowsでPython3系のTensorFlowを利用される方であれば参考になるかと思います。
目標は、Windowsのパソコンに、TensorFlow r1.0を導入します。そして、Hello, world! を表示させます。
Linux, Macをお使いの方は、TensorFlow公式サイトの参照をお願い致します。
https://www.tensorflow.org/install/
私もまだ、未熟ですのでご不明な点等ございましたらご指摘お願い致します。

(2017年8月15日追記)
外部サイトではありますが、CentOS7にTensorFlow(GPU利用)の環境を構築する方法を記事に致しました。
Linuxをお使いの方は、参考になる部分もあるかと思いますので、宜しければご覧ください。
TensorFlow(GPU利用)をCentOS7で使う(API r1.2): http://isboj.wp.xdomain.jp/2017/08/08/tensorflow_centos7_api-r1-2/

構築する環境について

  • Windows 10
  • Python3.6(Anaconda4.3を利用)
  • TensorFlow Python API r1.0

1. Anacondaをインストール

まずは、Pythonの実行環境を作ります。普通にPythonをインストールしても良いのですが、数学系のライブラリなどがあらかじめ豊富に用意されているAnacondaディストリビューションを利用いたします。

1.1. Anacondaをダウンロード

以下のURLよりAnacondaをダウンロードします。
https://www.continuum.io/downloads#windows
URLをクリックするとダウンロードサイトに飛びますので、Anaconda 4.3.1のPython 3.6 version(64bit)をクリックします。
キャプチャ.PNG
(32bitの方は、32bitの方ををダウンロードする必要がありますが、確認は64bitのみでしか行っておりません。)

1.2. Anacondaをインストール

先ほどダウンロードしたexeファイルをクリックしてください。
すべてデフォルトでインストールして構いません。全体の流れは以下になります。
キャプチャ1.PNG
キャプチャ2.PNG
キャプチャ3.PNG
キャプチャ4.PNG
このあと、インストールになりますので少し時間がかかります。
これが終了すればAnacondaのインストールが完了です。パス設定も自動的に行ってくれます。

1.3. インストールを確認する

インストールができましたので、プログラムを実行してみます。
まずは、コマンドプロンプトを開きます。
コマンドプロンプトは「すべてのプログラム」→「Windowsシステムツール」内にあります。
それでは、コマンドプロンプトにPythonと入力して、Pythonインタラクティブシェルを起動してみます。

C:>python
Python 3.6.0 |Anaconda 4.3.1 (64-bit)| (default, Dec 23 2016, 11:57:41) [MSC v.1900 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> print("Hello, world!")
Hello, world!
>>> exit()
C:>

このように、Python3.6およびAnacondaでプログラムが実行できました。
これで、うまくできない場合はインストールが失敗していますので、もう一度確認してください。

2. TensorFlowを使えるようにする

ここでは、Anacondaで仮想環境をつくり、TensorFlowを使えるようにします。

2.1. Anacondaで仮想環境を作る

1.3.項のように、コマンドプロンプトを起動します。
ここで、今回Python3.6を利用する前提で進めてきましたが、Python3.6ではTensorFlowの導入が上手くいきませんでしたので、仮想環境はPython3.5で作成します。このように、手軽にバージョンを変更できることもAnacondaの利点です。
それでは、TensorFlow用に仮想環境を作ります。conda createというAnacondaのコマンドを利用します。ここでは、tensorflowという名前でPython3.5の実行環境をAnacondaのパッケージを含めて作成します。

C:>conda create -n tensorflow python=3.5 anaconda

The following NEW packages will be INSTALLED:

    _license:            1.1-py35_1
    ===途中省略===
    xlwt:                1.2.0-py35_0
    zlib:                1.2.8-vc14_3       [vc14]

Proceed ([y]/n)? y

#
# To activate this environment, use:
# > activate tensorflow
#
# To deactivate this environment, use:
# > deactivate tensorflow
#
# * for power-users using bash, you must source
#
C:>

完了まで少し時間がかかると思いますので、お待ちください。
完了したら、先ほど作成した仮想環境に入ります。

C:>activate tensorflow

(tensorflow) C:>

(tensorflow)と表示されて、仮想環境に入れたことが確認できました。

2.2. TensorFlowのライブラリを導入する

ディープラーニングでは、GPUを使うことにより高速に計算することができます。そのため、TensorFlowにもGPUを利用するものと、CPUのみ利用するという2つのライブラリが存在します。今回は、CPUのみ利用のライブラリを導入します。しかし、nVidia社のGPU搭載している方は、GPU利用のライブラリを導入することもできます。バージョンなどで制約がありますが、詳しい情報は以下のURLよりご覧いただけますので、興味のある方はご覧ください。
https://www.tensorflow.org/install/install_windows

ここから先は、CPUのみ利用することを前提に進めて参ります。
先ほどの仮想環境で、以下のコマンドを入力します。

(tensorflow) C:>pip install --ignore-installed --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/windows/cpu/tensorflow-1.0.1-cp35-cp35m-win_amd64.whl

以上を実行すると、少し時間がかかった後に完了すると思います。

2.3. TensorFlowでHello, world!

最後に、tensorflowが利用できることを確認します。
先ほどの仮想環境で以下を実行します。

(tensorflow) C:>python
Python 3.5.2 |Anaconda 4.3.1 (64-bit)| (default, Jul  5 2016, 11:41:13) [MSC v.1900 64 bit (AMD64)] on win32
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import tensorflow as tf
>>> hello = tf.constant('Hello, TensorFlow!')
>>> sess = tf.Session()
>>> print(sess.run(hello))
E c:\tf_jenkins\home\workspace\release-win\device\cpu\os\windows\tensorflow\core\framework\op_kernel.cc:943] OpKernel ('op: "BestSplits" device_type: "CPU"') for unknown op: BestSplits
===途中省略===
E c:\tf_jenkins\home\workspace\release-win\device\cpu\os\windows\tensorflow\core\framework\op_kernel.cc:943] OpKernel ('op: "UpdateFertileSlots" device_type: "CPU"') for unknown op: UpdateFertileSlots
b'Hello, TensorFlow!'
>>>

以上のように、Hello, TensorFlow!が出力されていることがわかります。
ここで、上の実行結果ではエラーが発生しています。これは、Windowsにpipを利用してインストールする場合に起きる問題らしく、2017年3月現在改善されてないことが判明しています。プログラムの実行は可能であるため、気持ちの良いものではありませんがこのままにしておきます。解決方法が分かり次第追記いたします。

これで、TensorFlowの実行環境が完成しました。

エディタを用意する

TensorFlowの実行環境が完成しましたが、プログラムを作成するためにはエディタが必要です。エディタに関してはお好きなものが良いかと思います。また、統合開発環境(IDE)を利用しても便利でよいかと思います。私自身、PyCharmをいつも利用しております。
ここでは、Atomのインストールのみご紹介致します。
以下のURLよりインストーラをダウンロードします。
https://atom.io/
ダウンロードが完了したら、インストールウィザードに従って簡単にインストールできます。
デフォルトの設定のままインストールするだけで、色々と使えるようになっておりますので、非常に便利です。
また、今回は紹介しておりませんが、JupyterNotebookを利用しても良いかもしれません。

まとめ

今回は、PythonおよびTensorFlowの実行環境についてご説明致しました。
最後に、エディタのインストールについても少し触れましたが、使いやすいものが一番良いかと思います。
その他ご不明な点やご意見等ございましたら、お気軽にコメントなどでご連絡お願い致します。

参照サイト

TensorFlow: https://www.tensorflow.org/
Anaconda: https://www.continuum.io/
Atomエディタ: https://atom.io
WindowsでTensorFlow r1.0をインストールした場合に発生するエラーに関して:
https://github.com/tensorflow/tensorflow/issues/7500

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
33
Help us understand the problem. What are the problem?