search
LoginSignup
3

More than 5 years have passed since last update.

posted at

updated at

CentOS7でPlayframeworkを導入する

"スカラがそんなに嫌なら、JavaでPlayを書けばいいじゃない!!"

別にScalaが嫌いなわけではないけれでも、やっぱりPlayといえばScalaだよな。。。
でもJavaが好きなのでJava-playについて書きます。

Advent Calendar 3日目ということで...
今回はCentOS7に導入したいと思います!!

ローカル環境だとHomebrewを使ってactivatorを導入するかと思うんですが、(決めつけ...)
どうせならLinuxでも同じようにやりたい...(VagrantのCentOS上)
といことで"Linuxbrew"を入れてやりましょう!

Linuxbrewの導入については素晴らしい投稿があるので下記参考です!
Linuxbrewのススメ

activatorの導入

linuxbrewを入れたらbrewコマンドで簡単に導入できます。

# brew install typesafe-activator

(jdkも忘れずに。。。)

プロジェクト作成

今回はJavaなのでplay-javaを追記してプロジェクトを作成します。

$ activator new PROJECT_NAME play-java

。。。ちょっと時間はかかりますが、プロジェクトが作成されたら、以下を実行

$ activator run

http://192.168.33.10:9000/
にアクセスすると...(今回はVagrantを使っているので...)

スクリーンショット 2016-12-03 21.39.04.png

これでplayが起動しました!

実際にディレクトリ構成はこんな感じになっているかと思います。

.
├── LICENSE
├── README
├── app
│   ├── Filters.java
│   ├── Module.java
│   ├── controllers
│   │   ├── AsyncController.java
│   │   ├── CountController.java
│   │   └── HomeController.java
│   ├── filters
│   │   └── ExampleFilter.java
│   ├── services
│   │   ├── ApplicationTimer.java
│   │   ├── AtomicCounter.java
│   │   └── Counter.java
│   └── views
│       ├── index.scala.html
│       └── main.scala.html
├── bin
│   ├── activator
│   └── activator.bat
├── build.sbt
├── conf
│   ├── application.conf
│   ├── logback.xml
│   └── routes
├── libexec
│   └── activator-launch-1.3.10.jar
├── project
│   ├── build.properties
│   └── plugins.sbt
├── public
│   ├── images
│   │   └── favicon.png
│   ├── javascripts
│   │   └── hello.js
│   └── stylesheets
│       └── main.css
└── test
    ├── ApplicationTest.java
    └── IntegrationTest.java

14 directories, 27 files

ということでCentOS7にplayを導入できました!

次回は簡単なアプリを作ってみたいと思います!

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
3