Help us understand the problem. What is going on with this article?

AtomでSSH越しのファイルを編集する

More than 5 years have passed since last update.

AtomではRemote Atomを使うことでSSHで接続しているリモートホストのファイルを簡単に編集できる(ただし,最初のセットアップはちょっと面倒).EmacsやVimに慣れずに,毎回ローカルで編集して転送している人にどうぞ.

Remote Atomのセットアップ

remote-atom.png

remote-atom2.png

remote-atom3.png

SSHの設定

普段の接続に-R 52698:localhost:52698をつけてポート転送をする.

ssh hogehoge.foo.bar -R 52698:localhost:52698

ポート番号は52698がデフォルトだけれども,複数人で共有しているマシンではかぶると良くないので変えたほうが良いかもしれない.ここを変更した場合にはRemote Atomの設定も変更する必要がある.

rmateのインストール

パスの通ったところにrmateを設置する.この例では$HOME/local/binにダウンロードしているが,お好みでどうぞ.Rubyで書かれているので,rubyが入っていないシステムではrubyを入れておいてください.

mkdir -p ~/local/bin
curl -Lo ~/local/bin/rmate https://raw.githubusercontent.com/textmate/rmate/master/bin/rmate
chmod +x ~/local/bin/rmate
export PATH=$HOME/local/bin:$PATH

最後のexport PATH=$HOME/local/bin:$PATHはログインの度に必要なので,$HOME/.bashrcなどに書いておくとよいでしょう.

rmateを使ってみる

Atomが立ち上がった状態で

rmate hogehoge.txt

と実行するとhogehoge.txtがAtomで開かれる.ファイルを保存すると直接リモートホストに保存される.もし,ポート番号を変更している場合には-pでポート番号を指定するか,環境変数RMATE_HOSTでポート番号を設定しておく.

SSHの接続の度に-R ...をつけるのが面倒くさい

$HOME/.ssh/configに以下の設定をしておくと,今後-Rのオプションをつける必要がなくなる.

# -*- mode: conf -*-

Host *
    RemoteForward 52698 localhost:52698

なお,最初の52698の後ろに:が無いのは間違いではない.

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした