Java
brew
JDK
jenv

jenvでjavaのバージョン管理


jenvでjavaのバージョン管理


はじめに

現在(2019/4/17)のjavaの最新バージョンは12です。


環境


  • MacOS Mojave 10.14.4

  • HomeBrew 2.1.1


jenvのインストール

$ brew install jenv

.bash_profileに以下を追記し、パスを通す。

# jenvのPATHを通す

export JENV_ROOT="$HOME/.jenv"
if [ -d "${JENV_ROOT}" ]; then
export PATH="$JENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(jenv init -)"
fi


JDKのインストール

brew caskでインストールする方法もありますが、現環境ではbrewからインストールできなかったのでOracleからインストールします。

ここからインストール

私は今回は12,10,8をインストールしたので、説明はその前提で記述します。

$ /usr/libexec/java_home -V

上のコマンドを実行すると、インストールされているJDKのバージョンが一覧で表記されます。

私の場合コマンドを実行して返ってきたのが以下になります。

12, x86_64: "Java SE 12"    /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk-12.jdk/Contents/Home

10.0.2, x86_64: "Java SE 10.0.2" /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk10.0.2.jdk/Contents/Home
1.8.0_202, x86_64: "Java SE 8"/Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_202.jdk/Contents/Home

/Library…jdk-12.jdk/Contents/Homeのように表示される部分が以降で必要になります。・

$ jenv add /Library...jdk-12.jdl/Contents/Home

のように、先ほどの部分をjenv add以降に入力し、jenvに登録します。

$ jenv versions

のコマンドでjenvに登録されているjavaのバージョンが一覧で表示されます。


GlobalのJavaのバージョンを変更する

$ jenv global 12

$ jenv rehash # 必要ない場合もある

$jenv gobal [version]の後に

$jenv rehashをしなくちゃ自分の場合はバージョンが切り替わりませんでした。


LocalのJavaのバージョンを変更する

$ jenv local 12

$jenv local [version]で変更します

変更できているかは

java -version

で、確認して、変更が反映されていたらおkです!!