Help us understand the problem. What is going on with this article?

【告知】iOSDC 2018で、圏論について話します + Storyboard/AutoLayout相談会やります

More than 1 year has passed since last update.

こんにちは、 @inamiy です。
いよいよ来週、 8月30日〜9月2日 の3.5日間にかけて、 iOSDC Japan 2018 が開催されます。
私は、最終日の 9月2日(日) 15:10〜 Track Cで 「圏論とSwiftへの応用」 というテーマで登壇を予定していますが、
既に(次回イベント用の)英語版のスライドも完成して、今のところ進捗は200%です。
今回の発表は、記録的な不作だった昨年の反省を生かし、イラストを大量に用意して、「圏論入門資料」としての分かりやすさを最重視しています
また、元々の題材が良いだけに、 今まで発表してきた中では一番面白い と思いますので、ぜひ当日遊びに来て下さい 😉

また、今回の登壇は、過去シリーズの続編になるので、事前に予習しておくと、さらに楽しめると思います。

そのほか、知っておくと良い事前知識として:

圏論が、これらの(関数型)プログラミング用語とどのようにつながっていくかを、丁寧に紐解いていきます。
(関数型ポエムは一切ありませんので、ご安心下さい)

9月1日(土) 13:30〜 Track F で 「Storyboard/AutoLayout相談会」します

また、 9月1日(土) 13:30〜から、Track F で「Storyboard/AutoLayout相談会」 という座談会を20分ずつ、計3ラウンド開催して、その司会進行を務めます。

基本的に、 StoryboardとAutoLayoutが好きなiOSエンジニア を対象としていますが、「私はコードでビューを作る派」「Visual Format Languageこそ至高」「AutoLayout絶対◯すマン」な方でも気軽に参加して、お互いの知見を共有できる場になればと思います。
もし、皆に相談したい内容があれば、WWDCのラボのように、 事前にメモを用意しておくとスムーズ だと思います。

・・・というわけで、いよいよ来週が楽しみになってきましたね!
それでは、皆様、当日お会いしましょう😄

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした