Help us understand the problem. What is going on with this article?

何時何分何秒にコマンド打ったか記録しておこうぜいー(プロンプトに時間を表示させる)

More than 1 year has passed since last update.

背景

http://qiita.com/imura81gt/items/1ffaaff3cc1e9613925f
に引き続き、OPSな話。

ガチガチ手順書作る必要のあるSI系OPSだと
「コマンド実行前にdateコマンド打とう」とか
「date ; hogehoge ; date」とか
「time hogehoge」とか
決まった運用、手順書、チェックシートも多かったけど
 # 打ってないと詰められることもしばしば(吐血
web系のOPSなら、設定変更するのも
あまり申請が必要とかの制約無いので
自動で時間が出るようにしておこう、という話。

または

OPSなら、いままでの作業時間をもとに
次の作業終了時間の予想はするよね!という話。

設定方法

bashの場合

詳しくは strfttime とかで検索。

デフォルトのプロンプトを念の為確認

echo $PS1

.bash_profileに以下を追記

.bash_profile
export PS1='\h:\W \t \$ '

\hがホスト名
\tが時間。

プロンプト
PC001:~ 15:20:43 $

こんな感じ。
毎度 date コマンド + Enterキーの 5回入力するより
コマンド入力前には1回 Enterキー 押す方が楽ですよね。

少なくとも、長い処理の終了時間は自動で拾えて便利。

こんな感じ
PC001:~ 15:27:15 $ for ((i=1; i < 10; i++)) ; do date; sleep 10; done
2014年 7月 2日 水曜日 15時27分21秒 JST
2014年 7月 2日 水曜日 15時27分31秒 JST
2014年 7月 2日 水曜日 15時27分41秒 JST
2014年 7月 2日 水曜日 15時27分51秒 JST
2014年 7月 2日 水曜日 15時28分01秒 JST
2014年 7月 2日 水曜日 15時28分11秒 JST
2014年 7月 2日 水曜日 15時28分21秒 JST
2014年 7月 2日 水曜日 15時28分31秒 JST
2014年 7月 2日 水曜日 15時28分41秒 JST
PC001:~ 15:28:51 $

iTermの場合

command + shift + E

Menu bar > view > show timestamp
で見れる。

iterm-time.gif

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした