Help us understand the problem. What is going on with this article?

macOS CatalinaからNFS exportsするには

自分はmacOSを母艦にVirtualBoxにCentOSをいれて開発してたりするんですが
phpなどのソースコードはローカルのmacOS上に置いてNFS exportをし、
CentOSからNFS mountさせています。
ので、ローカルをいじると仮想サーバ上もファイルが更新されているってことに
なってて自分的には使いやすい。

最近出たmacOS CatalinaにUpgradeしたところ、どうもmacOSからのNFS exportが
出来ないようになっていて、仮想サーバでmount出来ない現象にハマしました。

NFS exportしてるディレクトリは
/Users/imaiworks/Documents/workspace
なのですが、これがどうもうまく行かない・・

# cat /etc/export
/Users/imaiworks/Documents/workspace   -maproot=root -network 192.168.0.0 -mask 255.255.0.0

nfsd checkexportsをしてみると

# nfsd checkexports
exports:1: exported dir/fs mismatch: /Users/imaiworks/Documents/workspace  /System/Volumes/Data

とmismatchだそうで
はて??

どうもNFS exportsする際は実際のディレクトリ名ではなく /System/Volumes/Data を辿った先でないといけないようで
/System/Volumes/Dataをみるとほぼ / と同じものが存在しました。

ということで
/System/Volumes/Dataを追加することで

/System/Volumes/Data/Users/imaiworks/Documents/workspace  -maproot=root -network 192.168.0.0 -mask 255.255.0.0
# kill -s HUP `cat /var/run/mountd.pid`
# showmount -e localhost
Exports list on localhost:
/System/Volumes/Data/Users/imaiworks/Documents/workspace 192.168.0.0

無事NFS exportできるようになりました。

もちろんNFS mountする側も

/bin/mount 192.168.56.1:/System/Volumes/Data/Users/imaiworks/Documents/workspace       /var/wwwmac/workspace

てな感じで/System/Volumes/Dataを追加してあげることになります。

iOS13やらOSの変化が大きい昨今、
もっととんでもない対応をしなきゃいけないのかとちょっとビビってしまったけど、
/System/Volumes/Dataを付与するだけで良かったので安心しました。

とても参考になりました!
https://kohju.justplayer.com/Tips_MacOSX_calalina10.15.html
ありがとうございます!!

imaiworks
PHP好き好き大好き!やっぱ好き!
ayudante
いつもユーザー中心で技術者とコンサルタントがとことん考え抜く それがアユダンテです
https://ayudante.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした