Help us understand the problem. What is going on with this article?

HTTPSのページで外部の非SSLページの画像を表示させても警告にならないようにする

More than 1 year has passed since last update.

ここ最近、SSL化が必須というか、SSLじゃないとダメという風潮ですが
サイトを作るに辺り、外部コンテンツのものを表示する際、
そのサイトが非SSLだとただ単に<img src=>タグで表示させるとブラウザは警告出しますよね・・
解決方法として
・その外部サイトをSSL化する
・画像を自サイトにコピーする
(画像など引用する著作権関連は正しく扱いましょう。この記事の外部サイトの想定は自社の別ドメインのサイトという意味合いです)
がベストなんでしょうけど
ささっとPHPでコード書いちゃえばいいんじゃないかと思う次第

<img src="http://他サイトドメイン/画像.jpg">

となっているので

<img src="/imgsrcproxy.php/http://他サイトドメイン/画像.jpg">

こんな感じに変更し
画像URLのデータを取得して表示する様なPGを書いておけば、

imgsrcproxy.php
<?php

//リクエストされたURLからPHPファイル名+/を外すと、画像URLがわかる
$url=str_replace($_SERVER["SCRIPT_NAME"]."/","",$_SERVER["REQUEST_URI"]);

//画像URL先頭にあるはずのドメインが指定のものかどうか
//踏み台にされるのを防ぐ処理の一環
if(strpos(" ".$url,"http://目的の他サイトドメイン/")==1 || strpos(" ".$url,"https://目的の他サイトドメイン/")==1 )
{
    //file_get_contentsで取得する準備
    $context = stream_context_create(array(
            'http' => array('ignore_errors' => true,
                    'timeout' => 10,        //半分の秒で設定。20秒設定の場合は10
            )
    ));
    //file_get_contentsで取得
    $r=@file_get_contents($url , false, $context);
    if($r!="")
    {
        //渡ってきたレスポンスヘッダーはそのまま返す
        foreach($http_response_header as $key=>$data)
        {
            header($data);
        }
        //コンテンツ表示する
        echo $r;
    }
    else
    {
        echo "error";
    }
    exit();
}
//不正アクセスなら何もしない
echo "hello";

ブラウザ的には自サイトのコンテンツ表示をしているだけに見えます。

PGの処理的にはリバースプロキシです。

JSでのクロスドメインにも応用できますね。
コード上でも言及していますが、踏み台にされてしまうことがあるので、
必ず目的以外には利用させないように防ぐ手立ては入れておきましょう。

imaiworks
PHP好き好き大好き!やっぱ好き!
ayudante
いつもユーザー中心で技術者とコンサルタントがとことん考え抜く それがアユダンテです
https://ayudante.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした