Edited at

スワップされて困っちゃうのでswappinessを設定する

More than 1 year has passed since last update.

Linuxカーネル2.6から採用されたswappiness。こちらの値を変更すると、メモリスワップの度合いを調整できるようだ。

/proc/sys/vm/swappinessというファイルにパラメータが入っている。

60

値は0から100まででデフォルトは60。大きいほどよくスワップする。0にするとRAMを使いきるまでスワップしない。100だとパフォーマンスに悪影響を及ぼすレベルでガンガンスワップする。

/proc/sys/vm/swappinessの値を直接書き換えてると、シャットダウンまでその値が適用される。

echo 10 > /proc/sys/vm/swappiness

こうでもよい

sysctl vm.swappiness=10

恒久的に変更したい場合は、/etc/sysctl.confに以下のように追記して設定を適用すれば完了。


/etc/sysctl.conf

vm.swappiness = 10



再読み込み

sysctl -p


ネットで見た限りではvm.swappiness = 0にしてしまう人も多いようだ。

以下を参考にしました。

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0712/10/news011_4.html

https://hiroakis.com/blog/2012/06/13/vm-swappiness0は重要/