This post is Private. Only a writer or those who know its URL can access this post.

node.jsを入れるならnodebrewで管理しよう!

More than 5 years have passed since last update.

nodebrewってなに?

nodebrewは、node.jsをバージョンごとに管理してくれるツールです。
プロジェクトごとにnode.jsのバージョンが違ったりしても、コマンド一発でバージョン変更が出来ちゃうって便利っすね!
perlbrewやrbenvみたいなものだと思ってください。

事前準備

まずnode.jsがインストールされているか確認してください。

$ node -v

何も出てこなければ、次の作業へ!
既にnode.jsをインストール済みの方は、以下を参考にnode.jsをアンインストールしてください。

nodebrewのインストール

以下のコマンド実行してください(公式サイトを参考にしてます!)

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
...
========================================
Add path:

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

nodebrewは~/.nodebrewにインストールされます!なんで、
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH は、.bashrcや.zshrcに書いてください。
それが終わったら再読み込み!

$ source ~/.bashrc
$ nodebrew -v

これでnodebrewのバージョンが出てくれば完了です!

node.jsをインストール

はじめにインストールできるnode.jsのバージョンを確認します。

$ nodebrew ls-remote

バージョン一覧が出てきます。
現時点の最新はv0.10.25でした!インストールします。

$ nodebrew install-binary v0.10.25

インストールが終わったら、確認しましょう。

$ nodebrew ls 
v0.10.25

current: none

インストールできてますね!
currentは現在利用しているバージョンです。あとは使いたいバージョンを指定してあげれば終わりです。

$ nodebrew use v0.10.25
$ node -v
v0.10.25

終わりっす!簡単でしたねw

参考

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.