Help us understand the problem. What is going on with this article?

EPUB3を支える技術

More than 5 years have passed since last update.

EPUB3 は、当然ながら、既存のXHTML/XML技術を元に、仕様策定が進められました。
XHTMLは多くの人が知るものですが、メタデータや日本語関係のCSS3など、その背景が、Web業界からすると有名でないものも多いように思います。

ここでは、以下のような事を書こうと思います。決して、EPUB3 を支える技術を網羅的に書いたわけでは無いので、ご了承下さい。
(何か、追加や誤りの訂正があれば、歓迎します。)

  • Dublin Core
  • DCMI Metadata Terms
  • Schema.org
  • wiriting-mode
  • CSS Text Level 3

Dublin Core

Dublin Core(ダブリンコア)は、メタデータの代表的な仕様。タイトルや作者情報などを記載できる。Dublin Core Metadata Initiative が策定を行う。
OPFファイルで、タイトルなどを記述するのに使う。大元となる、Dublin Core の仕様では、基本的な15項目のみが定義されている。

DCMI Metadata Terms

より詳細な情報・型などが定義される。
EPUB3では、サブタイトルなど Dublin Core に無い部分を定義するために使われる。
http://dublincore.org/documents/dcmi-terms/

Schema.org

Web では、Dublin Core よりもこちらの方が有名かもしれない。Google のSEOなどでは、おなじみのメタデータ。EPUB3では、あまり使われていなかった。しかし、EPUB3.0.1では、Reserved prefixとして、追加されている

writing-mode

これは有名なスタイルだと思うが、縦書きやアラビア語圏のrtolなどを実現するためのスタイル。現在(2014/04)でも仕様策定が進行中のため、EPUB3では、当時のドラフト仕様を採用した。
EPUB Content Documents 3.0の仕様書では、CSS3WritingModes-20110428を参照している。これは、最新のドラフトと一部の値が変わっている。そのため、EPUB3 上は、-epub-のprefixを付けることになっている。

CSS Text Level 3

いわゆる、CSS3 と言われるものの一部。ただし、CSS3 Text は、あまり、目立っていないかも知れない。
http://www.idpf.org/epub/30/spec/epub30-contentdocs.html#sec-css-text
同じく、-epub-のprefixを付けることになっている。以下がEPUB3で参照する対象。

  • -epub-hyphens*
  • -epub-line-break
  • -epub-text-align-last
  • -epub-text-emphasis
  • -epub-text-emphasis-color
  • -epub-text-emphasis-style
  • -epub-word-break
ikeyasu
(株)ACCESS Co-CTO。 主にIoTとクラウドとAIとドローン屋やってます。
access
SDNからセンサ、家電、電子書籍まで。ACCESSはあらゆるレイヤのデバイス、サービスを「繋げて」いきます。
http://jp.access-company.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした