Posted at

逆引きReactiveCocoa: 副作用だけのシグナルをリフティング/バインディングに使用する

More than 5 years have passed since last update.

元ネタ: Best practice for signals that capture completed/error operations · Issue #653 · ReactiveCocoa/ReactiveCocoa


ログインやデータの永続化など、特に next として送る値がないシグナルの結果を -[NSObject rac_liftSelector:withSignals:]RAC() マクロでのバインディングに使用したい場合にどうするべきかというパターンです。

RACSignal *login = [[[self 

// ログイン成功時には `completed`, 失敗時には `error` を送る。
loginWithUserName:userName password:password]
concat:[RACSignal return:@YES]]
catchTo:[RACSignal return:@NO]];

RAC(self, loggedIn) = login;
// or
[self rac_liftSelector:@selector(loginDidSuccess:) withSignals:login, nil];

とすると、-loginWithUserName:password: の実装側では、next として @YES/@NORACUnit.defaultUnit を送る必要がなくなります。


補足

元ネタでは [RACSignal return:@YES]; を返す部分に -then: を使用していましたが、そう遠くない内にリリースされるであろう ReactiveCocoa 3.0 では -then:非推奨 (deprecated) になりそうなので置き換えています。