Help us understand the problem. What is going on with this article?

Android StudioでAndroid Thingsアプリを作成する

Android StudioでAndroid Things用のシンプルなアプリを作成してみた。
また、アプリ作成の際に遭遇したエラーや開発Tipsも紹介する。

用意するもの

  • Android Thingsインストール済みのラズパイ3セット
  • モニタ
    • HDMI端子があればなんでもOK
  • USBマウス+USBキーボード
    • ラズパイ3に接続して操作する

作成したアプリ

画面に「Hello World」文字を表示するだけのシンプルなアプリを作成する。

これが完成物

コードはこちら

https://github.com/ikemura23/android-things-sample

アプリ作成について

プロジェクト作成

Android StudioでAndroid Thingsのプロジェクトを作成することができる。

今回は画面に表示するので 「Android Things Empty Activity」 を選択する。

(画面がないプロジェクトならNo Activity or Peripheral Activityでいいんだろうか)

スクリーンショット 2019-12-20 22.07.19.png

プロジェクト名やActivity名はAndroidの開発と全く同じ

プロジェクト作成後

このような画面になるはず

スクリーンショット 2019-12-20 22.27.28.png

完全に見た目がAndroidアプリだね!

Android Thingsと接続

アプリをビルドするため、adbコマンドでAndroid Thingsに接続する。

Android ThingsのIPアドレスはOSのデフォルト画面で知ることができる。

接続コマンドは以下

$ adb connect 192.168.0.8

初回ビルドはエラーになる

Android Studioで自動作成されたプロジェクトはそのままではビルドできない。。。

2019-12-20-22-29-47.png

以下のエラーメッセージが出ていた。

スクリーンショット 2019-12-20 22.30.33.png

「activityにテーマTheme.AppCompatを使う必要がある」と怒られる。

うーん、、、これは初期コード作成のバグだろうか。
プロジェクト作成時にAndroidアプリ用のコードが作成され、それがAndroid Thingsで使用できないと予想。

仕方ないのでこんな感じに修正した。
(テーマをTheme.AppCompatに指定しただけ)

無事にビルドできた。

テーマをTheme.AppCompatに指定するとビルドが成功して画面が表示された。

もう完全にAndroidアプリ、アクションバーが表示されてるしw

アクションバーを消す

アクションバーが消えればAndroid Thingsアプリっぽくなるかもしれない。

このコミットでアクションバーを消して、再ビルドしてみた。

よし、これで脱Androidアプリできて、Android Thingsアプリっぽくなった。

これでミッション完成

とりあえず、今回やりたいことは達成した。

あとはボタンや文字を追加してUIを装飾したり、API通信するコードを実装したり、好きに発展させるといい。

開発Tips

開発時、ラズパイ3に USBマウス + USBキーボード を接続して操作してもいいが、机の上がゴチャゴチャになって邪魔である。

そんなときには Vysor を使うといい。

Vysorを使えば以下のメリットがある。

  • PCにAndroid Thingsの画面を表示できる
  • PCから画面をリモート操作できる(USBマウス、キーボードが不要になる

Vysor経由のリモート操作は若干カクつくのが難点。
でもマウスキーボード不要の利点は大きい。

ちなみに、VysorのフリープランでOK!
(自分は広告が邪魔なので、1ヶ月だけ有料プランをお試し中)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした