Help us understand the problem. What is going on with this article?

AngularJSとAngularのコミットメッセージガイドラインの比較

はじめに

この記事を参考にコミットメッセージを付けていました。

ですが、あれ?と思った箇所があります。

それは、chore(雑用)という単語がしっくりこないことです。
具体的には自分のプロジェクトでCircleCIの設定変更をしてたのですが、
CIなのに雑用なのはちょっと違うかなぁ・・・と感じていました。

そこで参照元のガイドラインを見たところ、Angular(2.x〜)でなくAngularJS(1.x)になってたので、
最新のAngularのコミットガイドラインを雑に比較してみました。

比較方法

この2つの記事から該当箇所を抜き出してdiffした結果を目視確認しました。
ガイドラインとして影響しない箇所(リンク追加など)は除外しています。

相違点

Typeのchoreが分離されてなくなった

chore(雑用)は色々なものを含んでいましたが、以下のように分離されました。

  • build: ビルドシステムやライブラリの変更
  • ci: CI周りの変更

コミットログを見ると、ドキュメントのビルドにも build が使われるようです。
(例: build(docs-infra): xxx)

Scopeの付け方が明確化

Scopeの付け方が明確化されました。

  • 基本はnpmのパッケージ単位
  • いくつかの例外あり
    • packaging: package.json, *.d.tsなどでのパッケージレイアウトの変更
    • changelog: CHANGELOG.md
    • docs-infra: ドキュメントビルド関連
    • ivy: Ivy renderer
    • ngcc: Angular Compatibility Compiler
    • 空: style, test, refactorで全てのパッケージにまたがる場合
  • 複数のScopeにまたがる場合に * をつけてもいいという記述がなくなった

ここはプロジェクトによって異なる付け方になると思います。

おわりに

chore がなくなって ci を使えるようになったので安心しました( ´ω`)

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away