Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHub Sponsorsに申し込んでみた

はじめに

自分はゴシップサイトブロッカーという個人で開発しているChrome / Firefox拡張機能を作っています。

オープンソースだし結構な人に使われているのでいいよねと思ってGitHub Sponsorsに気軽に申し込んでみました。

GitHub Sponsorsとは

GitHubが提供している、寄付のためのフレームワークです。
今のところ個人への寄付ができます(今後組織単位での寄付も可能になるようです)。

GitHub Sponsorsの仕組み

GitHubのリポジトリに以下のボタンがついているのをみた人も多いと思います。

スクリーンショット 2019-12-01 9.38.52.png

申し込みは個人単位なのにリポジトリにボタンがついている理由ですが、
リポジトリに寄付を受けたいユーザを記載したYAMLファイルを入れているからです。
詳細は後の方で記載します。

GitHub Sponsorsの申込方法

1. 申し込み

自分はすでに申し込み完了しているので記憶とGoogle検索を頼りに記載していきます。

  1. GitHub Sponsorsの画面から、Join the waitlist ボタンを押す。
  2. いろいろ記入します。
  3. 申し込みが完了すると、 You're on the GitHub Sponsored Developers waitlist というタイトルでメールがきます。

スクリーンショット 2019-12-01 9.57.21.png

しばらくすると、You're in! Welcome to GitHub Sponsors 💖というメールがきました。
以下はStep1のみですが、Step3まであります。

スクリーンショット 2019-12-01 9.59.11.png

2. dashboardを埋める

すでに完了した状態のdashboardの状態を貼ります。

スクリーンショット 2019-12-01 10.01.24.png

以下の作業が必要です。

  • プロフィールを埋める
  • Tierを作成
  • 二要素認証の設定
  • 振込先の情報を作成
  • GitHubによる審査

プロフィールは自分が何をやっているかを記載します。
自分の拡張機能は主に日本語圏で使われているので、日本語と英語両方記載しました。

Tierは月額いくら払うかと、それに対する報酬です。報酬はなくても構いません。
自分は開発によって還元した方がいいと考えているのと、
ちょうどいい報酬が思いつかなかったのでセットしていません。
設定できるのは月額1ドル〜6000ドルです。

二要素認証については省略します。

振込先の情報はStripeを使用します。
本人を確認できる情報と、銀行口座が必要です。
自分はパスポートを使用しました。

全て完了したら申請をして待ちましょう。

スクリーンショット 2019-12-01 10.53.31.png

無事申請されたらメールが届きます。
やったね。

スクリーンショット 2019-12-01 10.53.43.png

リポジトリにSponsorsボタンをつける

リポジトリの Settings タブに以下のチェックボックスがあります。これをクリックしてください。

スクリーンショット 2019-12-01 10.57.04.png

こちらの Set up sponsor button あるいは Edit funding links ボタンをクリックすると、 /.github/FUNDING.yml を編集する画面になります。これをコミットすると、リポジトリにSponsorsボタンが出てきます。

この FUNDING.yml の書き方は以下に記載されています。
GitHub Sponsorsの場合は、github: [ikemo3]のように書きます。

GitHub Sponsors以外にもPatreonなどいろいろサポートされています。
対応しているサイトがない場合は、custom:でセットできます。
自分はAmazonの欲しいものリストのURLを載せています。

申請までのタイムライン

申請までのタイムラインはこんな感じでした。

  • 11/26 08:33 - 申し込み
  • 11/26 17:21 - waitlistから外れる
  • 11/26 20時頃 - Stripe申し込み
  • 11/27 19:41 - 最後の申請提出
  • 11/28 14:33 - Approved

最後の申請に「最大二週間かかる」と書いてあったんですが、実際は1日かかりませんでした。
思ったよりも早いですね。

おわりに

申請だけなら思ったよりも楽でした。
とりあえず申し込んでみてはどうでしょうか?

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした