Help us understand the problem. What is going on with this article?

arduinoやesp32でDCモーターとかサーボーモーターを制御してみる(PCA9685,L298N)

More than 1 year has passed since last update.

なんかもう間に合うか怪しいのですが、LINE Things Mini Award用に作ろうと思ってるやつがあります。

それはDCモーター(TAMIYA)一つとサーボモーター1つと、連続回転サーボを1つ使う予定のやつ。
でもってESP32、もしくはarduino+BLEモジュールを2組つかいたい。

で、調べてみるとこういったモーターを使うにはモータードライバーとかいうやつがあるといいらしい。

モータードライバーとは

モータードライバとは、モーターを駆動・制御する装置のこと。モーターに流す電流量、方向、タイミングなどを制御するもので、DCモーター、ACモーター、ステッピングモーターなどモーターの種類により駆動方法・回路が異なる。
例えばDCモーターの場合には、電流の向きを切換えることでモーターの回転方向をコントロールするHブリッジ回路を組み、リニア方式で電流制御をしたり、PWM制御をしたりして回転数の制御を行う。

そんわけでDCモーター用のやつとサーボモーター複数制御用のを購入してみました。

本日の材料

L298Nとタミヤモーター

これは単純。L298Nにモーターを繋いで正回転と逆回転と停止ができればOKです。

tr4if-75sbe.gif

やべぇ。。部屋汚いのバレたわ。。
ちなみにブン回してるのはタミヤ 楽しい工作シリーズ No.121 プーリーユニットセット です。
ESP32のGPIO14をENAに、GPIO26をIN2に、GPIO27をIN1につないでます。あとGNDも繋いでる。
そしてL298NのOUT1とOUT2をモーターの端子に繋げています。
あ、電池もL298N用に別電源(電池ボックス)つないでます。
arduinoのソースはこんな感じ。ちょっと電圧でかいの使ってるけど、たぶん3Vでも問題ないと思う。

/*********
  Rui Santos
  Complete project details at http://randomnerdtutorials.com  
*********/

// Motor A
int motor1Pin1 = 27; 
int motor1Pin2 = 26; 
int enable1Pin = 14; 

// Setting PWM properties
const int freq = 30000;
const int pwmChannel = 0;
const int resolution = 8;
int dutyCycle = 200;

void setup() {
  // sets the pins as outputs:
  pinMode(motor1Pin1, OUTPUT);
  pinMode(motor1Pin2, OUTPUT);
  pinMode(enable1Pin, OUTPUT);

  // configure LED PWM functionalitites
  ledcSetup(pwmChannel, freq, resolution);

  // attach the channel to the GPIO to be controlled
  ledcAttachPin(enable1Pin, pwmChannel);

  Serial.begin(115200);

  // testing
  Serial.print("Testing DC Motor...");
}

void loop() {
  // Move the DC motor forward at maximum speed
  Serial.println("Moving Forward");
  digitalWrite(motor1Pin1, LOW);
  digitalWrite(motor1Pin2, HIGH); 
  delay(2000);

  // Stop the DC motor
  Serial.println("Motor stopped");
  digitalWrite(motor1Pin1, LOW);
  digitalWrite(motor1Pin2, LOW);
  delay(1000);

  // Move DC motor backwards at maximum speed
  Serial.println("Moving Backwards");
  digitalWrite(motor1Pin1, HIGH);
  digitalWrite(motor1Pin2, LOW); 
  delay(2000);

  // Stop the DC motor
  Serial.println("Motor stopped");
  digitalWrite(motor1Pin1, LOW);
  digitalWrite(motor1Pin2, LOW);
  delay(1000);

  // Move DC motor forward with increasing speed
  digitalWrite(motor1Pin1, HIGH);
  digitalWrite(motor1Pin2, LOW);
  while (dutyCycle <= 255){
    ledcWrite(pwmChannel, dutyCycle);   
    Serial.print("Forward with duty cycle: ");
    Serial.println(dutyCycle);
    dutyCycle = dutyCycle + 5;
    delay(500);
  }
  dutyCycle = 200;
}

コメントにもありますが、https://randomnerdtutorials.com/ さんのソースがほぼそのままだったと思います。
digitalWrite(motor1Pin1, LOW); みたいなとこでオンオフしてますが、どちらか片方をHIGHにするとどっちかに回転する。両方LOWにすると止まる。
最終的にはこれをBLE経由で操作したい。

PCA9685とサーボモーター2種

こんどはサーボーモーター。なんかいつもちゃんと動かなくて苦戦するんですけどねー、サーボちゃん。
今回もなかなかうまくいかなくて、ESP32を一個壊してしまった。。
仕方ないのでarduino互換機でやってます。
とある事情でクレーンアームをサーボで動かしています。そしてそのアームを連続回転サーボで上げ下げする。だいぶいまいちなんだけどギリギリ動いた。

or785-sr434.gif

ソースはこんな感じです。

/*************************************************** 
  This is an example for our Adafruit 16-channel PWM & Servo driver
  Servo test - this will drive 8 servos, one after the other on the
  first 8 pins of the PCA9685

  Pick one up today in the adafruit shop!
  ------> http://www.adafruit.com/products/815

  These drivers use I2C to communicate, 2 pins are required to  
  interface.

  Adafruit invests time and resources providing this open source code, 
  please support Adafruit and open-source hardware by purchasing 
  products from Adafruit!

  Written by Limor Fried/Ladyada for Adafruit Industries.  
  BSD license, all text above must be included in any redistribution
 ****************************************************/

#include <Wire.h>
#include <Adafruit_PWMServoDriver.h>

// called this way, it uses the default address 0x40
Adafruit_PWMServoDriver pwm = Adafruit_PWMServoDriver();
// you can also call it with a different address you want
//Adafruit_PWMServoDriver pwm = Adafruit_PWMServoDriver(0x41);
// you can also call it with a different address and I2C interface
//Adafruit_PWMServoDriver pwm = Adafruit_PWMServoDriver(&Wire, 0x40);

// Depending on your servo make, the pulse width min and max may vary, you 
// want these to be as small/large as possible without hitting the hard stop
// for max range. You'll have to tweak them as necessary to match the servos you
// have!
#define SERVOMIN  150 // this is the 'minimum' pulse length count (out of 4096)
#define SERVOMAX  600 // this is the 'maximum' pulse length count (out of 4096)

void setup() {
  Serial.begin(9600);
  Serial.println("Servo test!");

  pwm.begin();

  pwm.setPWMFreq(60);  // Analog servos run at ~60 Hz updates

  delay(10);
}

// you can use this function if you'd like to set the pulse length in seconds
// e.g. setServoPulse(0, 0.001) is a ~1 millisecond pulse width. its not precise!
void setServoPulse(uint8_t n, double pulse) {
  double pulselength;

  pulselength = 1000000;   // 1,000,000 us per second
  pulselength /= 60;   // 60 Hz
  Serial.print(pulselength); Serial.println(" us per period"); 
  pulselength /= 4096;  // 12 bits of resolution
  Serial.print(pulselength); Serial.println(" us per bit"); 
  pulse *= 1000000;  // convert to us
  pulse /= pulselength;
  Serial.println(pulse);
  pwm.setPWM(n, 0, pulse);
}

void loop() {

  //アームを下げる
  pwm.setPWM(1, 0, 300);
  delay(2000);
  pwm.setPWM(1, 0, 0);
  delay(5000);


  // アームを閉じる
  for (uint16_t pulselen = SERVOMAX; pulselen > SERVOMIN; pulselen--) {
    pwm.setPWM(0, 0, pulselen);
  }

  delay(5000);

  //アームをあげる
  pwm.setPWM(1, 0, 400);
  delay(2000);
  pwm.setPWM(1, 0, 0);
  delay(5000);

  // アームを開く
  for (uint16_t pulselen = SERVOMIN; pulselen < SERVOMAX; pulselen++) {
    pwm.setPWM(0, 0, pulselen);
  }

  delay(30000);
}

ほぼ、adafruiteのAdafruit_PWMServoDriverサンプルスケッチのままですね。
PCA9685のサーボ0のとこにアーム用のサーボを。サーボ1のとこに連続回転サーボを繋いでます。
連続回転サーボはどこかのパルスで回転が反転するんだけど、いじりながらやってたら300と400の数値でちょうど反転しました。モーターについてるネジで調整もできますけどね。
電源はUSBの別電源をV++に入れてます。arduinoとはSCLとSDAをそのままつなぎつつ、VCCに5V、GNDはGNDで繋いでますね。ESP32だとGPIO21と22をSDA、SCLにつなぐといいらしい。

そんなわけでいちおう動いたって所まで。
まだ動き怪しいんですけども。

あとはBLE経由での操作と、超音波モジュールで距離測るのをやらないと。

ikegam1
けっこう雑多な感じのエンジニアです。 最近はスマートスピーカーだとかBOT作りに禿げんでいます。 なんかアプトプットを残しておきたいお年頃です。おっさんです。aws認定は12冠。 5つのストレングス:戦略性、着想、活発性、最上志向、内省
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away