Help us understand the problem. What is going on with this article?

【Python】超初心者でもできた Instabot のつくりかた【自動いいね】

Instabotを作っていて詰まったところをメモします

めちゃめちゃ今更この2019年夏になってやーっとInstagramなるものを始めたんですよ。
なんだか恥ずかしいじゃないですか、今更過ぎて。
しかも完全なる趣味アカなのでリアルな友達にはバレたくない…

で、サクッとフォロワー100人くらい欲しいなって思っちゃって Instabot という自動いいねツールをつくることにしました。
自分の写真が刺さりそうな人たちにいいねしまくってフォローしていただこうということですね。
あと、下手に有料ツールに手を出すとアカバンされるそうですし自作がベターかと。

ググると既に結構あります。参考にさせていただきました。

10分クッキング!誰でもインフルエンサーになれるinstabotの作り方🍳

【Python】いいねやフォローが自動に。無料で使えるInstagramの自動化bot(instabot)の始め方。

ただね、

terminal
>pip install -r requirements.txt

これが!うまくいかない!!!
だってGithubのInstabotのところにrequirements.txtなんて入ってなくないですか?
あれ、そういう問題じゃないんですかね??
Githubからクローン?していれば問題なしだったのかな??

初心者すぎてよくわからなかったです...

まあとにかく、これでPython超初心者でも実行できたぞ!
インスタ初めて一週間でフォロワー120人になったぞ!
ということで以下実装内容です。

よくわからんけど、とにかく動かしたい人向けです

実行環境

  • Windows10
  • Python 3.7.4
  • Anaconda

Instabotを入手

GithubからInstabotを拝借して適当なところに置いてください。
(私はGithubアカウントを持っていないのでDownload ZIPしました。)

コマンドプロンプトでcd instabot.py-masterと入力してinstabot.py-masterフォルダへ移動。

terminal
\instabot.py-master>

Pythonがインストールされているか確認

terminal
>python --version

Python 3.*.* と出力されたらオーケー

requirements.txt を作成

requirements.txt
requestsfake-useragent

これをexample.pyがある instabot.py-master フォルダへ置く。

example.pyに自分のIDとパスワードを入力

InstaBot関数の中のloginpasswordを書き換えてください。

example.py
login="*****",  # Enter username (lowercase). Do not enter email!
password="*****",

必要なモジュールをインストール

このままpython example.pyすると〇〇というモジュールが足りませんよエラーが出るので、
その名前(例えばinstaloader)を使ってpip install ****します。

terminal
>pip install instaloader
terminal
>pip install config42
terminal
>pip install sqlalchemy

必要なものがすべて揃ってからpython example.pyするとうまく実行されるはずです。

結構すぐに【いいね機能】停止されちゃいます!!

私のexample.pyを例として挙げますね。

example.py
#!/usr/bin/env python3
# -*- coding: utf-8 -*-

from instabot_py import InstaBot

bot = InstaBot(
    login="*****",  # Enter username (lowercase). Do not enter email!
    password="*****",
    like_per_day=1000,
    comments_per_day=0,
    tag_list=["hibi_jp", "as_archive", "ishootfilm", "kodak", "goldenhour"               
                ,"ファインダー越しの私の世界", "pics_jp", "tokyocameraclub"
                , "東京カメラ部"],
    user_blacklist={},
    max_like_for_one_tag=100,
    follow_per_day=0,
    follow_time=1 * 60,
    unfollow_per_day=0,
    unlike_per_day=0,
    unfollow_recent_feed=False,
    # If True, the bot will also unfollow people who dont follow you using the recent feed. Default: True
    time_till_unlike=3 * 24 * 60 * 60,  # 3 days
    unfollow_break_min=0,
    unfollow_break_max=0,
    user_max_follow=0,
    # session_file=False, # Set to False to disable persistent session, or specify custom session_file (ie ='myusername.session')
    user_min_follow=0,
    log_mod=0,
    proxy="",
    # List of list of words, each of which will be used to generate comment
    # For example: "This shot feels wow!"
)

bot.mainloop()

これだとだいたい1分間に1いいねします。
つまり1日1500回くらいなら大丈夫かなあと思っていたのですが、3日目で停止されました...
まあ翌日には解除してもらえましたけどね...

参考サイト

https://github.com/instabot-py/instabot.py
https://garmentshack.jp/instabot/
https://qiita.com/mopiemon/items/116dcd4edb83f9db31c9

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした