Edited at

obnizOSをM5Stack(M5StickC)にインストールする手順


結果からM5StickC未対応でしたのでM5Stackにしてあります。


環境

機種:Surface Pro5

OS:Windows10 Pro 64ビット

Obniz化される触媒:M5Stack M5StickC ※2019/08/19 時点M5StickCは未対応

※事前にPython2.7がインストールされていたのでアンインストール。


事前の準備


Python3.7.4(32ビット)のインストール

ダウンロード先:

https://www.python.org/ftp/python/3.7.4/python-3.7.4.exe


Add Python 3.7 to PATHのチェックは忘れずに!

image.png

Python起動確認

コマンドプロンプトから Python --versionを入力

image.png

pipの確認(Pythonと同時にインストールされるらしい)

コマンドプロンプトから pip -V を入力

image.png


obnizOSインストール ~本編~

1.コマンドプロンプトから pip install obniz_cli を入力

こんなかんじでインストール始まる

image.png

2.M5Stack M5StickC をパソコンと接続します

3.コマンドプロンプトから python -m serial.tools.list_ports を入力

このコマンドは、パソコンが認識しているデバイスのリストを表示します。

図の場合は、COM6に刺さってますよーってこと。出てこない場合はM5Stackが接続されていないか、認識されていない。

image.png

4.コマンドプロンプトから obniz_cli flashos -b 115200 を入力

※ -b 115200のオプションを付けないとM5StickCは通信速度制限エラーになる。

恐らく他のESP32デバイスは必要ないと思うけど、M5StickCさんは付けてあげないとダメ。

ここはArduinoで書き込みする場合と同じ。

image.png

5.COM6にインストールするため、引き続き0を入力してエンターすると書き込みが始まる。

image.png

image.png


obnizOSとシリアル通信を行いデバイスキーの登録

1.コマンドプロンプトから python -m serial.tools.miniterm COM6 115200 を入力

前述手順3のデバイスリストで認識していたポート名を入力COM6はだった場合、COM6。

※8/19時点でM5SticKCの場合は、ここでエラーとなり、再起動を繰り返すので問い合わせ中…ここからM5Stackに切り替えた。

image.png

2.DeviceKEYを入力してエンター

※DeviceKEYはObnizの管理コンソールから購入します。

image.png

3.WifiのSSIDの一覧が表示されるので使いたいSSIDを入力してエンター

4.その後、パスワードを入力してエンター

5.IPを固定にするか、DHCPにするか選択肢が出てくるので、対象の番号を入力してエンター

image.png

OnlineになればOK!