search
LoginSignup
0

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

GitHub Actions で テストが失敗したときに laravel.log をみたい!

概要

テストがローカルでは成功するんです。
でも、GitHub Actions では、失敗するんです。
こんなこと、たまにありますよね。(泣)
phpunit の標準出力の情報だけだと、追いきれない。
laravel.log みたい!

そんなとき、GitHub Actions の yml に 以下のようなコードを仕込んで置くと、とても便利です。
処理が失敗したときだけ、 laravel.log を cat するのです!

やり方

    - name: view laravel.log
      run: cat storage/logs/laravel.log
      if: ${{ failure() }}

これで、GitHub Actions のコンテナに ssh ログインしなくても、
エラーを見ることができるので解決の糸口が見つかるはず!
簡単\(^o^)/

image.png

ちなみに、 if に書いている、 failure() 関数は、 ジョブステータスのチェック関数というそうで、以下の種類があります。

  • success()
  • always()
  • failure()

あれこれ

laravel.logを見てもわからなければ、 GitHub Aactions のコンテナにssh ログインする方法もあるので、必要に応じて。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0