Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWSのロードバランサーをCLBからALBへの移行する

概要

・AWSのロードバランサーをCLBからALBに移行する

CLB/ALBとは・・・

・こちらに詳しく記載されていました。
https://www.wafcharm.com/blog/difference-between-alb-and-elb/
・こういうところの言語化は人任せな私をお許しください。
・とにかくこれから使う方には不要な知識になりますが、とにかくALBの方が断然良いので移行しないと!

手順

  1. ALBの作成
  2. AutoScalingGroupへ作成したALBのターゲットグループを紐付け
  3. DNS登録(CLBのDNS名からALBのDNS名に変更)
  4. AutoScalingGroupからCLBを外す

実施

1.ALBの作成

・AWSコンソールでロードバランサーの一覧画面を表示し、
・移行対象のロードバランサーで種類がclassicになっているものを選択
・詳細表示枠の移行タブを選択
・「ALB移行ウィザードを起動」ボタンを押下
image.png

・いきなりALB作成画面の最終確認画面が表示されますのでここでは「作成」ボタンを押さない
image.png

・「1. ロードバランサーの設定」タブを選択
・ロードバランサー名がCLBと同じ名前になってしまっているのでALB用の名前に変更
image.png

・「4. ルーティングの設定」タブを選択
・ALBのターゲットグループを作成することになりますのでこちらもCLBと同じ名前になってしまっているのでALB用のターゲットグループ名に変更
image.png

・確認タブから「作成」ボタンを押下
※ 他の設定は移行対象のCLBの情報を引き継いでいるので特に変更は不要(何か変更したい場合は対応する)

AutoScalingGroupへ作成したALBのターゲットグループを紐付け

・対象のAutoScalingGroupを選択し編集
image.png

・編集画面で「ターゲットグループ」項目に作成したALBのターゲットグループを設定
image.png

DNS登録(CLBからALBに変更)

・DNSでCLBのDNS名を指定していたレコードを選択
・エイリアス先をCLBからALBに変更し、「レコードセットの保存」を押下
image.png

AutoScalingGroupからCLBを外す

・2.でALBのターゲットグループを紐付けた画面で「Classic ロードバランサー」項目に入っているCLBを削除
image.png

確認

・実際にドメインにアクセスしてALBの方にリクエストがきていることを確認し、CLBにリクエストがきていないことを確認する
・CLBを削除してもOK

所感

ステージング環境で試しても結局本番環境でも同じことをするので、リスクはありますが、やらないとレガシーになり、
あとでえらい目見そうなのでやって良かった公文式的な。
1ミリでも誰かのためになれば幸いでございます。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away