AWS認定Big Data勉強記 - 1

みなさん、こんにちは、えいりんぐーです。

データ分析や機械学習周りの仕事をしています。

仕事でAmazon RedshiftやAmazon S3を触る機会が多いのですが、最近業界ではAmazon SageMakerなどAWS周辺のデータ基盤や機械学習基盤の話を聞くことが多くなりました。また、先日はJAWS-DAYS 2019に参加して、データパイプライン周りのことも聞いて、色々とデータ処理基盤について興味が出てきました。

そこでこれからしばらく、AWSのビッグデータ関連の勉強をしつつ、AWS認定ビッグデータ専門知識の取得するべく、資料やサービスの情報を簡単にまとめていきます。

なお、2018年10月16日より、プロフェッショナル資格と専門知識資格の両方で、受験にあたりアソシエイトレベルの資格が不要となったようです。

とりあえず、以下のホワイトペーパーとre:Inventの動画は、AWSのビッグデータ関連サービスをざっと把握するのにとても便利でした。

Big Data Analytics Options on AWS

AWS re:Invent 2017: Big Data Architectural Patterns and Best Practices on AWS (ABD201)

AWS re:Invent 2018: Big Data Analytics Architectural Patterns & Best Practices (ANT201-R1)

また、上記に目を通した後は、一度サンプル問題を解いてみるのがよいかと思います。AWS-BDSは他の資格と違い、模擬試験が提供されていませんが、サンプル問題には解説付きの回答が載っていますので、とても参考になります。

試験ガイドでは以下のような比重になっているので、やはりセキュリティは重点的に勉強するほうがよさそうです。

分野
比重

分野1: 収集
17%

分野2: 格納
17%

分野3: 処理
17%

分野4: 分析
17%

分野5: 可視化
12%

分野6: データセキュリティ
20%

合計
100%

次回はAWSのビッグデータサービスの概要をまとめようと思います。