Linux
redhat
openstack
Docker
kubernetes

いまさらだけどOpenStackをまとめる

More than 1 year has passed since last update.


OpenStackとは

AWSやAzureなどと同じIaaSの一つ

複数のコンポーネントから構成され、年々コンポーネント数が増えている

2018年5月現在のバージョンはQueens(https://releases.openstack.org)

DockerやKubernetesと連携するための機能も提供されている


主なコンポーネント

開発元のRedHatのページによくまとまっている

https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/red_hat_openstack_platform/8/html/architecture_guide/components


  • Nova 仮想マシンの管理をするよ

  • Swift 画像などのデータをオブジェクト単位で保存するよ

  • Glance 仮想マシンのイメージを管理するよ

  • Neutron ネットワークの管理をするよ

  • Horizon 上記のコンポーネントたちをGUI経由でわかりやすく操作できるよ

  • Keystone API実行時のセキュリティを強化するよ


役割とコードネームが存在する

OpenStackは各コンポーネントが連携して成り立っているが

それぞれの役割には名前がつけられている


  • Nova → Compute

  • Swift → Object Storage

  • Glance → Image

  • Neutron → OpenStack Networking

  • Horizon → Dashboard

  • Keystone → Identity


OpenStackをお試ししたい場合


DevStackを使うと、OpenStackを使う環境がサクッと手に入る

gitからcloneしてきて、stack.shを実行するだけ

https://github.com/openstack-dev/devstack


AWSやAzureとの対応づけを書く(予定)