LoginSignup
24

More than 5 years have passed since last update.

Laravelのログを標準エラーに出力する

Last updated at Posted at 2015-04-12

Laravelのログは通常storage/logsディレクトリに出力されます。

遊び程度にしか使っていませんが、私は開発時はartisan serveしたい派なので、ログは同じコンソールに出た方が嬉しい。なので標準エラーにログを出力するようにしてみます。

        $monolog = Log::getMonolog();
        $monolog->pushHandler(new \Monolog\Handler\StreamHandler('php://stderr'));

こんなコードをどこかに書きます。どこが適切かはわかりませんが、一例としてはapp/Providors/ConfigServiceProvider.phpregister()メソッドの中などでもよいでしょう。
5.1のドキュメントには、bootstrap/app.phpの最後あたりで$app->configureMonologUsing()を呼べと書かれていました( http://laravel.com/docs/master/errors#configuration )。

app/bootstrap.php
$app->configureMonologUsing(function ($monolog) {
    $monolog->pushHandler(new \Monolog\Handler\StreamHandler('php://stderr'));
});

return $app;

で、ログを出力します。

WelcomeController.php
    public function index(Request $request)
    {
            \Log::info("hello");
...

こんな感じに出力されます。

$ artisan serve
Laravel development server started on http://localhost:8000/
[2015-04-21 13:25:42] local.INFO: hello [] []

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
24