Edited at

MacにAndroid Studioを入れて、adbを使える状態にする

More than 1 year has passed since last update.

adbコマンドを使ってAndroidで色々テストするために、Android Studioを入れました。

その時の設定手順などをまとめました。

1年くらい前にもAndroidの開発ツールを入れた気がするのですが、色々変わっている部分もあったので、記録しておきます。

Androidの開発環境は結構頻繁に変わっている気がしますね。


設定をした環境

iMac (27-inch, Mid 2010)

プロセッサ:2.8 GHz Intel Core i5

メモリ:12 GB 1333 MHz DDR3


Android Studioをダウンロードする

公式の日本語のダウンロードサイトがあるのでそこから落とします。

https://developer.android.com/studio/index.html

ダウンロードしてきたディスクイメージを開くとAndroid Studioが出てくるのでドラッグ&ドロップして”アプリケーション”に保存します。


Android Studioを始めて起動する

始めて起動した時にJavaが入っていない場合は以下のようなダイアログが表示されます。(表示されなかった人はここはスルーしてOKです。)

その時はダイアログに従って、Javaをダウンロードしましょう!

https://support.apple.com/kb/DL1572?viewlocale=ja_JP&locale=en_US

Javaはインストールパッケージになっているのでそれに従ってインストールすればOK


インストールが完了したら、再びAndroid Studioを起動!

今回は特に引き継ぐ設定はないので、下を選択しました


Javaの設定

まずは『Detect』をクリック。

JDKの場所が自動で設定されない場合は、青文字をクリックしてJDKをインストールします。

インストールし終えてから、もう一度、『Detect』を押すと自動でディレクトリが入ります。

ディレクトリが入ったら、Nextをクリック!


インストールタイプの選択

今回は、普通の使い方をするので、『Standard』を選択します

そのまま手順に従って進めるとインストールが完了します!


試しにプロジェクトを作成してみる

一番上を選択!

そのままNextをクリックしていって、環境構築が終わるとプロジェクト作成が完了です。


adbコマンドを使える様にする

adbコマンドを使える様にするっていうのは、ターミナルの$のあとにadb ~~と入れるとadbの機能が使える様になることです。

例えば、

$ adb devices

で接続されている端末の状態を見るとかです。

Android SDK locationにパスを通せばadbコマンドが使える様になります。

SDKのパスを特に変えていなければ、以下のコマンドでパスが通せます。

adbでサーバーがスタートできれば、パスが通っていることを確認できます。

$ export PATH=$PATH:/Users/<自分のユーザー名のフォルダ>/Library/Android/sdk/platform-tools

$ adb kill-server
$ adb start-server
* daemon not running. starting it now on port 5037 *
* daemon started successfully *

次回は、使ってみたadbについてなど、軽く書いてみようかと思います。