Help us understand the problem. What is going on with this article?

Datadog Toplist 複数項目のグルーピング

More than 3 years have passed since last update.

Datadog Advent Calendar 2016 - Qiita 4日目の記事です。
昨日は @minamijoyo さんの fluentdとDatadogを連携してIPアドレスごとのSSHログイン成功/失敗回数を記録/監視する でした。明日は @ngi644 さんです。

ダッシュボードに追加できるウィジェットのひとつ、Toplist についての小ネタです。
Toplist の編集 UI 上では1項目でのグルーピングですが、複数項目でのグルーピングを行う方法です。

Toplist とは

  • メトリクス値を 昇順 or 降順 で一覧表示
  • ScreenBoard、TimeBoard 両方で使用可能

20161203_dd_toplist_01.png

使用例

AWS EC2 の CPU Utilization を host 別に使用率の高い順に10件並べた場合の例です。

20161203_dd_toplist_05.png

ホストを判別するための識別子として、OS上で hostname を設定している場合はその名前、未設定の場合はインスタンスIDが表示されています。

20161203_dd_toplist_02.png

Toplist にグルーピング項目を追加

インスタンスIDだけでは分かり難いので、EC2に付与している Name タグも表示させます。

20161203_dd_toplist_03.png

以下のように Toplist 上に インスタンスID+名称 が表示できます。

20161203_dd_toplist_04.png

設定するタグにより、ホスト別のToplistでインスタンスタイプを表示させる、ホスト・プロセス名別にメモリ使用量を表示させる等の使い方も可能です。

注意点

この変更を加えたグラフについては、以降 JSON での変更が必要になります。

Edit タブのUI上では複数項目でのグルーピングは非対応で、
Edit タグ上での変更・更新を行うと1項目に変更されます。(勝手に戻ってしまいます)

その他

Toplist に限らず、 Edit タブでは実装されていないが、 JSON タブを直接編集することで実現できる物があります。
例えば、グラフのY軸固定を行いたい場合も JSON 編集で実現できます。(参考:Graphing Primer using JSON)

htnosm
うろ覚えを無くしていこうともがき苦しむ人の備忘録 - nullはナルじゃなくヌル - editorはEmacsじゃなくvi - gitはジットじゃなくギット - 饂飩より蕎麦 - 茸より筍 - 四季は秋
http://htnosm.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした