search
LoginSignup
22
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

ChromebookにapkファイルからAndroidアプリをインストールする(デベロッパーモード不要)

はじめに

ChromebookにはAndroidアプリをインストールできますが、基本的にはPlayストアからのみインストールできます。
adbを使えばapkファイルからインストールできますが、そのためにはChromebookをデベロッパーモードに切り替える必要がありました。
今回デベロッパーモードに切り替えずにCrostini(Linux開発環境)を使ってapkファイルから野良アプリのLINE Liteをインストールできることを確認したため、記事にします。
(ver.84にて確認)

※Android 11アップデート済の機種ではワイヤレスデバッグを使用することでLinux開発環境なしでapkをインストールできることを確認したため、下の方に手順を追記しました(22/08/17)。

Crostini(Linux開発環境)のインストール

まず初めにCrostini(Linux開発環境)をインストールします。
ChromeOSの設定画面からオンにするだけでインストールできます。
Screenshot 2020-08-25 at 20.17.01.png

「オンにする」を押下しウィザードを進み、インストールが完了すると以下のようなターミナルが起動します。
Screenshot 2020-08-25 at 20.19.30.png

adbコマンドのインストール

apkファイルからアプリをインストールするために使用するadbコマンドをインストールします。
まずはパッケージを更新します。

sudo apt update && sudo apt upgrade

Screenshot 2020-08-25 at 20.19.54.png
adbコマンドをインストールします。
目的はapkファイルのインストールだけなのでaptから入れます。

sudo apt install adb

Screenshot 2020-08-25 at 20.21.35.png
adbコマンドをインストールできました。

ADBデバッグを有効化

Chromebookの中のAndroidコンテナにADBで接続するための設定変更を行います。
設定画面の「Linux(ベータ版)」から「Androidアプリの開発」を選択し、「ADBデバッグを有効にする」を有効化します。
※一度有効化すると無効化する際に初期化が必要になります。ご注意ください。
Screenshot 2020-08-25 at 20.22.12.png
Screenshot 2020-08-25 at 20.22.27.png
有効化すると再起動されます。
Screenshot 2020-08-25 at 20.22.34.png
再起動後に以下の確認ダイアログが表示されるので、「確認」を押下します。
IMG_20200825_202324~01.jpg
ログイン後に以下のメッセージが表示されるため、許可するにチェックを入れてOKボタンを押下します。
Screenshot 2020-08-25 at 20.24.37 - Display 1_01.png

AndroidコンテナにADB接続

apkファイルのインストールを行うためにAndroidコンテナにADB接続します。
ターミナルを起動し、以下のコマンドを実行します。

adb connect 100.115.92.2:5555

Screenshot 2020-08-25 at 20.25.52.png
adb devicesで現在ADB接続されている端末が確認できます。
100.115.92.2:5555 deviceがAndroidコンテナです。

apkファイルからAndroidアプリをインストール

準備が整ったのでapkファイルをインストールします。
ADBを使ったインストールのコマンドは以下の通りです。
今回はLinux側のホームディレクトリ直下にapkファイルを置いてます。

adb -s 100.115.92.2:5555 install [apkファイルのパス]

Screenshot 2020-08-25 at 20.31.43.png
Successと表示されればインストール完了です。
今回はLINE Liteをインストールしてみました。
(arm64-v8a版はインストール失敗したのでarmeabi-v7a版をインストールしました。)
Screenshot 2020-08-25 at 20.31.59 - Display 1.png

注意点

ログイン画面に下記の文言が表示されるようになります。
IMG_20210711_183556~01.jpg

追記1(2021/10/01)

Android向けに提供されているパッケージインストーラのapkをadb installすると、
ファイルアプリや外部のアプリストアからアプリを直接インストール/アップデートできました。

追記2(2022/08/17)

Android 11にアップデートされたChromebookはワイヤレスデバッグに対応しています。
ワイヤレスデバッグを使用すれば他のPCを使ってChromebookにadb接続できるため、
Linux開発環境が使用できないChromebookでもapkをインストールできそうです。

ワイヤレスデバッグを有効化

Chromebook側でワイヤレスデバッグ機能を有効化します。

  1. ChromeOS設定 → Google Play ストア → Android設定を管理 → デバイス情報 → ビルド番号を連打し開発者向けオプションを有効化
  2. ChromeOS設定 → Google Play ストア → Android設定を管理 → システム → 開発者向けオプション → ワイヤレスデバッグ → ON
    (ChromeOSのデベロッパーモードをオンにすると書いてあるが、実際にデベロッパーモードに切り替わる訳ではない=Powerwashされない)
    220817_001.png
    220817_002.png
  3. 確認ダイアログの許可をクリック
    220817_003.png

他PCとペアリング&接続

ペア設定コードを用いて他PCとペアリング(adb pair)した後に、接続(adb connect)を行います。
IPアドレスやポート番号、ペアコードは変化するので手元の端末に表示される値に読み替えて下さい。

  1. 「ペア設定コードによるデバイスのペア設定」をクリックし、アドレスとペアコードを確認する
    220817_007.png
  2. 他のPCで下記コマンドを実行してペアリングを行う(ポート番号①を使用)
    adb pair 192.168.10.3:35829
    
  3. 実行後に表示される「Enter paring code:」に043740を入力しEnter
  4. Successfully paired to 192.168.10.3:35829 [guid= 〜 ]と表示される
  5. 下記コマンドを実行してadb接続を行う(ポート番号②を使用)
    adb connect 192.168.10.3:45011
    

apkをインストール

adb installを実行する

adb -s 192.168.10.3:45001 install [apkファイル名]

Successと表示されればインストール成功。
220817_009.png
(ver.104にて確認)

以上

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
22
Help us understand the problem. What are the problem?