LoginSignup
23

『MSX0 Stack』の操作方法

Last updated at Posted at 2023-09-24

はじめに

『MSX0 Stack』の操作方法についての記事です。

image.png
See also:

『MSX0 Stack』

現状のエミュレーションスペックです。

項目 仕様
CPU Z80A (3.58MHz) 相当
ROM MSX1 / MSX2 / MSX2+ (切り替え可能)
MAIN-ROM 32K
SUB-ROM 16K
RAM 64K / 128K / 256K / 512K / 1M (切り替え可能)
VRAM 64K / 128K
VDP 1 V9958 (一部未対応)
キーボード Keyboard Face, Serial 経由, Wi-Fi 経由
フロッピーディスク Disk イメージ
プリンタ なし
CMT
(カセットテープ)
なし
PSG 音源 あり
SCC 音源 2 あり
FM 音源 なし
MIDI なし
カートリッジ 基本スロット, 拡張スロット
ジョイスティック Gamepad Face, タッチ JoyPad (仮想 JoyPad)
タッチパッド MSX0 Stack タッチスクリーン
漢字機能 あり
FEP 3 なし
CLOCK-IC あり

スロット情報です。

SLOT 0x0000 0x4000 0x8000 0xC000
0-0 BIOS_MAIN BIOS_MAIN
0-1 IoT
0-2 X-BASIC X-BASIC
0-3 SCC ⾳源
1 (GAME) (GAME)
2
3-0 RAM RAM RAM RAM
3-1 MSX-DOS2 MSX-DOS2
3-2 BIOS_SUB KANJI KANJI
3-3 DISK DISK

目次

長くなって読みづらくなってきたので記事を分割しました。

■ ハードウェア
MSX0 Stack のハードウェアに関する記事です。

■ システムメニュー
システムメニューの操作方法に関する記事です。

■ Setup Utility
Setup Utility の操作方法に関する記事です。

■ リモート接続
各種リモート接続に関する記事です。

■ ソフトウェア
MSX0 Stack のソフトウェアに関する記事です。

上から順にナナメ読みする事をオススメします。

MSX 関連の書籍

AKASIK Libraries にて、MSX 関連書籍が有償 / 無償で読めるようになりました。

当時や MSX の歴史を知る上でも『MSX Magazine』は貴重な資料です。

購読にはユーザー登録が必要です。

おわりに

MSX0 Stack ユーザー同士なら、次の点を考慮する必要がなくなります。

  • フロッピードライブは付いているか?
  • 漢字 ROM を所有しているか?
  • 搭載 RAM サイズは十分に大きいか?
  • MSX-DOS2 のカートリッジを所有しているか?
  • べーしっ君を所有しているか?
  • ジョイパッドやタッチパッドを所有しているか?

ソフトウェアに関しても同様ですが、全員がかなりハイスペックな MSX2+ を所持していると仮定できる のは大きいと思います。

一連の記事に書かれた内容の殆どは説明書 (1_MSX0Stack利用方法.pdf) に書かれています。不明な点があったら、まずは説明書を確認してみてください。

See also:

■ クラウドファンディング直前から開発中の記事。
(正式版には反映されていない機能も紹介されています)

■ リターン以降 (正式版) の記事。

  1. Video Display Processor の略。画面表示用のプロセッサ。TMS9918 (MSX) / V9938 (MSX2) / V9958 (MSX2+, MSXturboR)。

  2. Sound Cretive Chip の略。コナミが開発した波形メモリ音源。

  3. Front End Processor の略。MSX の FEP のインターフェイスおよびその仕様は MSX-JE。この仕様で動作する FEP として VJE-80/A があった。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
23