Delphi で Hello,world. (コンソールアプリケーション)

program HelloWorld;

プログラムの名前は HelloWorld なので、プロジェクトソースファイルは "HelloWorld.dpr" となります。

コンソールアプリケーションは [ファイル | 新規作成 | その他...] から コンソールアプリケーション を選ぶと作れます。

image.png

C で言う所の argc / *argv[] は program の引数として指定せず、それぞれ ParamCount() / ParamStr() で処理します。

{$APPTYPE CONSOLE}

プログラムの種類はコンソールアプリケーションです。$APPTYPE 指令が未指定だと {$APPTYPE GUI} を指定したのと同じになります。

{$R *.res}

$R 指令はプログラムにリソースを追加します。追加しておかないとウィルス対策ソフトに "ウィルスだ!" とレッテルを貼られる事があります。無能は嫌いなのです!

uses

uses 句です。ここに書かれたユニットが使用されます。C / C++ とかで言う所の #include に近いです。

System.SysUtils;

System.SysUtils を使います。

begin

これがないと始まりません。

Writeln('Hello,World.');

Writeln() 手続きで 'Hello,World.' を標準出力に出力します。

end.

これがないと終わりません。ユニットの最後は . (ピリオド) で終わります...終止符を打つわけですね。

なお、最小の Hello.world コンソールアプリケーションは以下のようになります。

HelloWorld.dpr
program HelloWorld;

{$APPTYPE CONSOLE}

begin
  Writeln('Hello,World.');
end.

なお、最小でないソースコードは右上にあります (w

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.