Posted at

Xcode8でCocoaPodsにSwift2.3の自作ライブラリを登録する

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Xcode8をインストールした状態で、CocoaPodsにSwift2.3の自作ライブラリを登録しようとしたところ、バリデーションチェックにエラーが出て進めませんでした。次のようにして解決しましたので、メモします。


CocoaPodsのバージョンを上げる

ターミナルからpod --version を実行して、バージョンを確認します。

執筆時点では、1.1.0.rc.2に上げることがベストです。

sudo gem install -v 1.1.0.rc.2 cocoapodsを実行します。


.swift-versionファイルを作成

プロジェクトやターゲットのビルドセッティングでUser Legacy Swift Language VersionをYESにしていても、Swift 2.3でビルドしてくれません。

そこで、CocoaPodsがビルドするときにSwiftのバージョンを参照する.swift-versionファイルを作成してから、バリデーションチェックを行います。

まず、ターミナルで.podspecファイルのディレクトリに移動します。

つぎに、echo "2.3" > .swift-versionを実行して.swift-versionファイルを作成します。なお、Finderでは.swift-versionファイルは見えません。

最後に、pod spec lintを実行します。

ライブラリ名.podspec passed validation.という結果が表示されれば、正常終了です。


関連記事

CocoaPodsにSwift3対応の自作ライブラリを登録する方法については、ここに説明されている通りで進めます。

Can't install pod with Xcode 8/Swift 3/Cocoapods 1.1.0 RC2