Edited at

GAS×Uipath Orchestratorでいろいろさせる


はじめに

本ページはGAS(Google Apps Script)でUipath orchestrator(以下OC)を扱う上で調べた範囲で書いています。

OCのAPI Referenceは下記になります。※英語

https://orchestrator.uipath.com/v2018.4/reference#api-references

英語が苦手な人やAPIをあまり触ったことない人向けに書いていくつもりです。

もっとスマートな方法あるよ!という方は教えてください。

時間があるときに随時加筆していきます。


加筆予定

・ロボットの状態監視

・Google formやメールなどリクエストをトリガーにJobの開始


authentication(認証)


何故必要か?

OCから情報を取得するにはTokenが必要です。

IDとかパスワードが無いのに機密情報が見れたら問題ありますよね?

怪しいものじゃないですよーって証明してる、そのくらいの認識で大丈夫です。

英語のリファレンスはこちら

https://orchestrator.uipath.com/v2018.4/reference#authenticating


GASコード

function Auth(Token){

//Tokenを手に入れるためのリクエストURL

//ここではOC community Editionの場合を書いています。正式版の場合は変更してください。

var OCAuthURL ='https://platform.uipath.com/api/account/authenticate'

//ここにコンテナ名、ユーザーネーム、パスワードを入れる

var data = {

"tenancyName" : "テナント名",

"usernameOrEmailAddress" : "ユーザー名",

"password" : "パスワード"

}

//トークンを取るときはpost。getじゃないので注意。

//payloadでdataをJSON形式にする

var Tokenoptions = {

'method': 'post',

'contentType': 'application/json',

'payload': JSON.stringify(data)

};

//httpリクエスト

var Authresponse = UrlFetchApp.fetch(OCauthURL, Tokenoptions);

//Json形式で取得

var json = JSON.parse(Authresponse.getContentText());

//JsonのresultにTokenが入っているので変数に入れる

var Token =json["result"]

//returnで指定した部分を返す。これを他のfunctionで使用する。

return Token

}