Docker コンテナの CPU 使用率を制限する Tips

Docker コンテナが利用できるリソースを制限する方法はいくつかあるが、その中のひとつに --cpus=N というオプションがある。1

これは、例えば CPU コア数が 4 個だった場合に、docker run コマンドに --cpus=3.2 というオプションを指定することで CPU 使用率を最大 80% 制限できる。

マシンごとに CPU コア数を調べてオプションをベタ書きで指定してもいいが、以下のように --cpus オプションを指定すればどの環境でも CPU 使用率を最大 80% に制限できる。

$ docker run -it \
    --cpus=$(cat /proc/cpuinfo | grep processor | wc -l | perl -ne 'print $_ * 0.8') \
    alpine
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.