ATOM

Atomエディタで使って気に入ったpackageとか

More than 3 years have passed since last update.

Emacsから本格的に乗り換えて1ヶ月ほど経ったので、使ってみて気に入ったpackageとかまとめてみる。


atom-beautifier

ctrl-alt-f でコードフォーマットをかけてくれる。


atom-jshint

jsの構文チェック。


autocomplete-plus

タイプ中に補完候補を自動的に表示してくれる。デフォルトでは自動補完が無効なので、package設定からauto completionを有効にする必要あり。


editor-stats

便利機能ではないけど、時間別のキー入力の量をグラフ化してくれる。何時頃に活発に作業しているか一目瞭然に。

Screen Shot 0026-04-09 at 13.22.44 1.png


gist-it

開いているファイルを即座にgistへアップできる。gist.elみたいな感じ。

注意する点は、何も設定していないとAnonymousユーザとして投稿されてしまう事。

自分のアカウントで投稿したい場合は、READMEを参考にpackage設定画面でトークンを登録しておく。

rpowelll/gist-it


Gist It will post gists anonymously by default, to post to your own GitHub account generate a new token with the gists scope and copy it into the package's preferences (see the section below if you have trouble finding these).



go-to-line

ctrl+g で指定した番号の行にジャンプ。


highlight-line

カーソル行のハイライトを好きな色に変更できる。


marked

markdown編集中に cmd+shift+m するとMarked.appを立ち上げてプレビュー表示してくれる。atomに同梱されているプレビュー機能では満足できない人向けに。


open-on-github

alt+g, o で開いているファイルのgithub上のページを開いてくれる。ちゃんとカーソルが当たっている行を表示してくれて便利。

ほかにも alt+g, b でblame、 alt+g, h でファイルのhistory表示など。


pretty-json

jsonを見やすい形に整形してくれる。


script

cmd+i で開いているコードをエディタ上で実行してくれる。emacs-quickrunとかと同じ感じ。Python・Ruby・JavaScript等主要な言語はサポートされてる。


Zen

GithubのZenモードみたいなやつ。集中して何か書きたい時用に。Macのフルスクリーンモードと組み合わせると良さげ。


まとめ

Emacsで使ってた便利拡張と似たものが大体用意されてて、移行してもそんなに不便してない。なによりGithub連携がかなり充実してるのが良い感じ。

デフォルトで入ってないパッケージは公式のPackagesのTrendingとかを眺めながら、良さそうなのがあれば入れてる。

今は頻繁に見てても目新しいpackageがそこまで上がってこないけど、これから更に盛り上がってくる事を期待。