Posted at

たった3人でnVidiaを作った漢 黃仁勳(ジェン スン ファン)

More than 3 years have passed since last update.

PCビデオカード市場をリードするnVidiaは、社員数1万人前後を要する世界大企業だ。

しかし、nVidiaの最初の一歩はとても小さいもので

1993年 たったの3名で創業した。



創業者の名は黃仁勳(ジェン スン ファン)

現在もnVidiaの最高経営責任者CEOで、全米で第42位の大富豪でもある。

まだDirectXの影も形もない1993年にNV1の開発はたったの3人でひっそりスタートした。

当時、ちょうどLSIの「設計」と「製造」が分離されようとした時期だった。

つまり「設計」だけに専念するファブレス企業と

ひたすら「製造」だけに専念するファウンドリー企業とで

お互いに分業されはじめた時期でもあった。

そしてMicrosoftもWindows95のリリースに合わせてDirectXの開発を進めていたことも追い風だった。

黃仁勳 はファブレス時代の到来を予感し、全部を賭けていた。

黃仁勳はただ単に高速な3Dビデオカード作ってもただの箱であることを良く知っていた。

だからYUAN 3DS-100の発売時は、事前に当時のSEGAと直接交渉。バーチャファイターとパンツァードラグーンを移植&バンドルさせることに成功する。

それにしても天才LSI設計者 黃仁勳 とは何者?

黃仁勳は中国の青田県というところで生まれ、ほどなくして台湾に移民。

さらに家族と共に米国へ移民した。

渡米後の15歳の時、卓球を始めて全米卓球OpenのJr.ダブルスでなんと第3位。

その後、オレゴン州立大学へと進学。スタンフォード大学で博士号を取得。

大学卒業後、新卒で就職した会社はあのLSIロジック

その後、AMDに移籍しマイクロプロセッサの設計に携わる。

しかし黃仁勳は「CPUの時代は終りだ。GPUの時代だ。コンピュータは全てピクセルで出来ている」と確信しnVidiaを創業するのだ。

この時の回想は、中国でのテレビ番組でもインタビューという形で本人自ら語っている。

YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=D3xB8M2GF7E

nVidia本社の中にもカメラを入れている興味深い番組に仕上がっている。

FPGAによる開発ではなく、スパコンでシミュレータを利用している様子らしき映像も流れている。

有名な話だが、nVidiaは10年ほど前からFPGAを一切使わずシミュレータのみで開発している。

番組中 卓球の腕前も披露している。

TSMCの40nm -> 28nm -> 16nm と製造ラインのロードマップを説明する黃仁勳

しかし、最近ではGPUの性能に対する需要も頭打ちだ。ブラウザとメーラを起動する用途ならば高速なGPUなどいらないのだ。

そこで、CUDAなどグラフィックス以外の用途に目を向けている。

TITANを利用した時のベンチマーク。

人工知能は久しぶりにおとずれたブームだ。いや一過性のブームではない。人類の英知の特異点が迫っているとも言われている。

スパコンもこの分野に力を入れている。

nVidiaはCUDAで対抗する。事実、nVidiaのGPUがスパコンに採用されているケースも多いのだ。

黃仁勳 率いるnVidiaはこの先どこに向かうのだろうか?今後も目が離せない。