Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry PiとWindows10をUSB-MIDI OTGで接続

More than 1 year has passed since last update.

概要

Windows PCとRaspberry PiをUSB接続し、Windows 10上からRaspberry PiをMIDIデバイス(MIDI Gadget)として見えるようにする。
RPi Zero Wなど、Bluetooth対応機であれば、BLE-MIDI化できる。

環境

  • Raspberry Pi本体
  • SDカード ※Raspbian Stretch Liteにsshdを導入済みの4GB以上のもの
  • Micro USB Micro-Bケーブル、または、Pi Zero USB Stem ※Raspberry Pi本体への電源供給方法

手順

Raspberry PiでUSB-MIDI OTGを設定

  1. Raspbian OSを起動する。
  2. Raspberry PiをWindows PCにUSB接続する。
  3. sshコンソールを開き、Raspberry Piにログインする。
  4. 編集前に、設定ファイルをバックアップする。

    $ sudo cp /boot/cmdline.txt /boot/cmdline.txt.bak
    $ sudo cp /boot/config.txt /boot/config.txt.bak
    
  5. /boot/cmdline.txtファイルを編集する。

    $ sudo vi /boot/cmdline.txt
    
  6. rootwaitに続けて、または、rootwaitとquietの間にmodules-load=dwc2,g_midiを挿入する。

    #dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles
    dwc_otg.lpm_enable=0 console=serial0,115200 console=tty1 root=/dev/mmcblk0p2 rootfstype=ext4 elevator=deadline fsck.repair=yes rootwait modules-load=dwc2,g_midi quiet splash plymouth.ignore-serial-consoles
    
  7. /boot/config.txtファイルを編集する。

    $ sudo vi /boot/config.txt
    
  8. dtoverlay=dwc2という1行を追記する。

    # Uncomment this to enable the lirc-rpi module
    #dtoverlay=lirc-rpi
    dtoverlay=dwc2
    
  9. Raspbian OSを再起動する。

    $ sudo reboot
    
  10. Windows 10でRaspberry PiがMIDI Gadgetデバイスとして認識される。

シーケンサーでMIDI Gadgetデバイスを使用

  1. シーケンサー(Cakewalk SONARなど)を起動する。
  2. MIDI出力先をMIDI functionに設定する。

MIDI情報をダンプ

  1. sshでRaspberry Piに接続し、MIDI情報をダンプするコマンドを実行する。

    $ amidi --dump
    
  2. Cakewalkで曲を演奏する。

  3. sshコンソールにMIDI情報がダンプ表示される。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away