ShellScript
Git
sed

feature/xxx というブランチでコミットする時コミットメッセージの頭に必ず xxx: が入るようにした

これ何

タイトルの通りのことを git alias で実現した。
要は現在のブランチがfeature/SOMEBTS-10000な時、コミットメッセージの頭に必ずSOMEBTS-10000:が入ってくれるようにした。
まあ xxx がチケット番号であること前提な感じはある。

.gitconfig
[alias]
  coam = "!fetch(){ p=`git branch --no-color 2> /dev/null | sed -e '/^[^*]/d' -e 's/* \\(.*\\)/\\1/' -e '/^feature\\//!d' -e 's/^feature\\/\\(.*\\)/\\1: /'`; git commit -am \"$p$1\" ${@:2}; };fetch"
result
hokkun:gittest [feature/SOMEBTS-12345]$ touch yyy
hokkun:gittest [feature/SOMEBTS-12345]$ git add yyy
hokkun:gittest [feature/SOMEBTS-12345]$ git coam "Super commit"
[feature/SOMEBTS-12345 ff752e6] SOMEBTS-12345: Super commit
 1 file changed, 0 insertions(+), 0 deletions(-)
 create mode 100644 yyy

1ミリ位シェル芸芸人に近づいた感じがある。

ちなみに普段からプロンプトにはブランチを表示している。その方法についてはこちらの Qiita 記事が詳しい。

ハマったところ

sed で使っているバックスラッシュを二重エスケープする必要があった。これでしばらくハマった。config にそもそもエラーが入ってると GIT_TRACE=1とかそもそも効かないのでデバッグがしんどかった。

ちなみに

feature/ で始まらないときはちゃんと何も入らない。

後で直しました

--amend などの option も受け入れる。ただし message の後のみ。