Posted at

SpringToolSuite(STS)で使用するプロパティエディタの検討

More than 1 year has passed since last update.


きっかけ

上司「Eclipseでプロパティファイルを開いた時は日本語化されるのに、STSで開いたら日本語化されないから、STSで使えるプロパティエディタの検討よろしく」

わい「うぃす」

という事で調べました( 'ω')ヴェェェ


そもそも、どういう仕組みで日本語化されるのか


native2ascii


  • JDKに「native2ascii」というコード変換ツールが含まれている


    • ネイティブコードからUnicodeに変換してくれるツール




何故、Eclipse(Pleiades)だと日本語化されるのか


  • Eclipse(Pleiades)に同梱されているプロパティエディタ「Limy

  • このエディタは、プロパティファイルを開いた時に、native2ascii自動実行するため、日本語化される


何故、STSでは日本語化されないのか


  • STSに同梱されているプロパティエディタは「Spring Properties Editor

  • このエディタは、プロパティファイルを開いた時に、native2ascii自動実行してくれないため、日本語化されない


という事で、日本語化するために

Pleiadesに同梱されているプロパティエディタ「Limy」をSTSに適用してしまおう!

という事に。(ネットで調べててもそれが多い)


STSへのLimyの適用手順


  1. Pleiadesのフルパッケージをダウンロード

  2. ダウンロードファイルを解凍

  3. フォルダ内に含まれるフォルダ「Limy」をコピー


  4. STS/dropins配下に、[3]を貼り付け


STSでのLimyの使用手順


  1. STSを起動

  2. 開きたいプロパティファイルを右クリック

  3. 「次で開く」から「Limy プロパティ・エディター」を選択


    • 「Limy プロパティ・エディター」が表示されない場合


      • STSを再起動


      • cleanオプションを付けて起動

      • OSを再起動


        • それでもダメだったらゴメンナサイ








「何でSpring Properties Editorはnative2asciiを自動実行してくれないのか」とか、

「Spring Properties Editorでnative2asciiを自動実行する仕組みはないのか」とか、

その辺までは調べてません。ゴメンナサイ。

知ってる人いたら教えてください。

以上。