Help us understand the problem. What is going on with this article?

SpringToolSuite(STS)で使用するプロパティエディタの検討

More than 1 year has passed since last update.

きっかけ

上司「Eclipseでプロパティファイルを開いた時は日本語化されるのに、STSで開いたら日本語化されないから、STSで使えるプロパティエディタの検討よろしく」
わい「うぃす」

という事で調べました( 'ω')ヴェェェ

そもそも、どういう仕組みで日本語化されるのか

native2ascii

  • JDKに「native2ascii」というコード変換ツールが含まれている
    • ネイティブコードからUnicodeに変換してくれるツール

何故、Eclipse(Pleiades)だと日本語化されるのか

  • Eclipse(Pleiades)に同梱されているプロパティエディタ「Limy
  • このエディタは、プロパティファイルを開いた時に、native2ascii自動実行するため、日本語化される

何故、STSでは日本語化されないのか

  • STSに同梱されているプロパティエディタは「Spring Properties Editor
  • このエディタは、プロパティファイルを開いた時に、native2ascii自動実行してくれないため、日本語化されない

という事で、日本語化するために

Pleiadesに同梱されているプロパティエディタ「Limy」をSTSに適用してしまおう!
という事に。(ネットで調べててもそれが多い)

STSへのLimyの適用手順

  1. Pleiadesのフルパッケージをダウンロード
  2. ダウンロードファイルを解凍
  3. フォルダ内に含まれるフォルダ「Limy」をコピー
  4. STS/dropins配下に、[3]を貼り付け

STSでのLimyの使用手順

  1. STSを起動
  2. 開きたいプロパティファイルを右クリック
  3. 「次で開く」から「Limy プロパティ・エディター」を選択
    • 「Limy プロパティ・エディター」が表示されない場合
      • STSを再起動
      • cleanオプションを付けて起動
      • OSを再起動
        • それでもダメだったらゴメンナサイ

「何でSpring Properties Editorはnative2asciiを自動実行してくれないのか」とか、
「Spring Properties Editorでnative2asciiを自動実行する仕組みはないのか」とか、
その辺までは調べてません。ゴメンナサイ。
知ってる人いたら教えてください。

以上。

hnkyi
Java / Ruby / Python / C# / 基本情報技術者 / 応用情報技術者 / Kali Linux
lassic
ITを駆使して地方を元気にする株式会社LASSIC(ラシック)。地方を舞台に自分らしく働く優秀な技術者が、貴社のWEB・スマートフォンサイトやアプリ開発、システム開発プロジェクトを成功へと導きます。~鳥取発~ITで地方創生
https://www.lassic.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした