LoginSignup
17
20

More than 5 years have passed since last update.

CentOS上にASP.NET Coreアプリを立ち上げる

Last updated at Posted at 2018-08-25

はじめに

 普段からC#を使用しているので、VisualStudioさえあればすぐに動かせるASP.NETはウェブ開発をするうえで有力な選択肢なのですが、Linuxのサーバで動かないという欠点のため採用しづらいのが実情です。
 ASP.NET Coreがあるじゃない、と言っても実際のところちゃんと動くの?環境構築めっちゃ大変なんじゃないの?という疑問が頭をよぎるので、試しにCentOS上に構築してみました。
 動かしてみたアプリケーションはASP.NET Core Identityを利用しており、postgresも一緒に構築しています。

構築

バージョン

.NET Core 2.1
ASP.NET MVC 2.1.2
CentOS 7.2
Apache httpd 2.4.6
PostgreSQL 10.5

全体構成

 Apacheを使ってASP.NET Coreのアプリを立ち上げるとき、Microsoftの公式サイトではKestrelという.NET標準のウェブサーバを使用していたので、ここでも同じ構成にします。
 つまり、Kestrelを使用してASP.NET Coreアプリを立ち上げ、httpdをリバースプロキシとして利用します。

ステップ1:.NET Coreを入れる

 今回は専用のVPSを新しく契約したので、ピカピカのCentOSがインストールされている状態からのスタートになりました。
 まずは.NET Coreのダウンロードサイトへ行きます。
普通はあまりないかもしれませんが、サーバ上でソースをビルドした方が簡単なため、SDKの方を入れました。ビルド済みのものを使用するのであればRuntimeの方を入れます。インストール方法はLinuxの項目のPackage Manager: Instructions に記載されているので、その通りに進めます。

sudo rpm -Uvh https://packages.microsoft.com/config/rhel/7/packages-microsoft-prod.rpm
sudo yum update
sudo yum install dotnet-sdk-2.1

ステップ2:アプリをビルドする

 上述の通りソースをサーバ上でビルドしたかったので、プロジェクトのホームディレクトリ(csprojが置いてあるところ)へ行って次のコマンドを叩きます。

dotnet publish --configuration Release

ステップ3:DBアップデートを実行する

 続いて、同じくプロジェクトのホームディレクトリでマイグレーション実行します。postgresのインストール、必要なデータベースやロールの作成は済んでいるものと仮定します。
 ちなみに、私はpostgresのpeer認証をmd5認証に変更していなかったのでマイグレーションにこけてしまい、無駄に時間を使いました。

dotnet ef database update

 もう一つ余談ですが、何も考えずにpostgresを入れるとPostgreSQL 9.4あたりが入るのですが、使用しているNpgsqlがPostgreSQL 10.5向けのものだったため、やはりマイグレーションにこけました。バージョン揃えるの大事ですね。

ステップ4:Kestrelを起動する

 Kestrelを起動するためのサービスを登録します。aspappのところは各自のアプリ名に変更してください。

sudo vim /etc/systemd/system/kestrel-aspapp.service

 内容は次のようになります。
 Microsoftによれば、ビルドしたアプリは/var以下に配置するのが一般的とのこと。ビルドするとプロジェクトのホームディレクトリ直下に/bin/Release/netcoreapp2.1/publishというフォルダが作成されるので、このフォルダの中身を/var/aspappにでもコピーしましょう。

[Unit]
Description=Example service file for ASP.NET Core application.

[Service]
WorkingDirectory=/var/aspapp
ExecStart=/usr/bin/dotnet /var/aspapp/aspapp.dll
Restart=always
# Restart service after 10 seconds if the dotnet service crashes:
RestartSec=10
SyslogIdentifier=dotnet-example
User=apache
Environment=ASPNETCORE_ENVIRONMENT=Production 

[Install]
WantedBy=multi-user.target

 サービスファイルを作成したらサービスを有効化します。

systemctl enable kestrel-aspapp.service
systemctl start kestrel-aspapp.service

 ステータスがこのようになればKestrelは正常に起動しています。

systemctl status kestrel-aspapp.service
* kestrel-aspapp.service - Example service file for ASP.NET Core application.
   Loaded: loaded (/etc/systemd/system/kestrel-aspapp.service; enabled; vendor preset: disabled)
   Active: active (running) since Sat 2018-08-25 14:12:22 JST; 7h ago
 Main PID: 15762 (dotnet)
   CGroup: /system.slice/kestrel-aspapp.service
           `-15762 /usr/bin/dotnet /var/aspapp/aspapp.dll

ステップ5:httpdに設定する

 httpdのインストール自体は完了して動く状態だと仮定します。
 まずは専用の設定ファイルを作成します。

sudo vim /etc/httpd/conf.modules.d/aspapp.conf

 設定ファイルには次のように書きます。
 ServerNameとServerAliasにはご自身で取得されたドメイン名を記入してください。

<VirtualHost *:*>
    RequestHeader set "X-Forwarded-Proto" expr=%{REQUEST_SCHEME}
</VirtualHost>

<VirtualHost *:80>
    ProxyPreserveHost On
    ProxyPass / http://127.0.0.1:5000/
    ProxyPassReverse / http://127.0.0.1:5000/
    ServerName www.aspapp.com
    ServerAlias *.aspapp.com
    ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}hellomvc-error.log
    CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}hellomvc-access.log common
</VirtualHost>

 httpdを再起動して設定を反映したら終わりです。

sudo systemctl restart httpd

おわり

 これで80番ポートにアクセスすればASP.NET Coreで作ったアプリにアクセスできるようになります。ポート開放やら必要な手続きをお忘れなく。
案外サーバ構築の手間が少なく、いい感じですね。あとはデプロイを自動化するバッチでも作ればストレスフリーなウェブ開発が出来そうです。

参考サイト

Apache 搭載の Linux で ASP.NET Core をホストする

17
20
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
17
20