Help us understand the problem. What is going on with this article?

使ったことのない CMS をインストールしまくろう!のもくもく勉強会 in CPI #MEGAMIX2016

More than 3 years have passed since last update.

Web 制作に必要な「技術・戦略」を学ぶ CPI MEGA MIX 2016 で行われるハンズオン用の資料です。

概要

  • 時間がなくて試せていない、新しい CMS との出会いがコンセプト
    • 動けばいいというスタンスでやります。正確なインストール方法は各 CMS の公式なドキュメントを参照してください
  • CPI ACE01 を使ってインストールしていきます
  • CMS インストーラーは使いません
  • SSH メインで作業します(FTPは使いません)
  • たくさん入れるのがコンセプトなので、わざとサブディレクトリにインストールしています。

事前準備

SSH の利用準備

CPI オンラインヘルプ SSH(鍵認証)

php コマンドの利用準備

CPI ではデフォルトでは php コマンドが使えません。

% php -v

Command not Found と怒られます。

回避するために、 .cshrc ファイルを作成します。

% cd ~
% vi .cshrc

vi エディタが開きます。下記の記述を追加してください。特定のphpバージョンへのエイリアスを指定します。

~/.cshrc
alias php php-7.0

vi簡単マニュアル

SSH セッションをいったん切り

% exit

再接続してから、 php コマンドが使えるようになったか試しましょう

% php -v

Composer をインストール

PHP のパッケージ管理ツールが Composer です。PHP 製のアプリケーションのインストールにとても便利です。

% cd ~
% wget https://getcomposer.org/composer.phar --no-check-certificate

インストールできたか確認

% php ~/composer.phar

Composer 基本的な使い方

PHP の設定

この辺り CPI 独特の世界になってきます。

% cd ~/html
% vi .htaccess

.htaccess に追加します。

~/html/.htaccess
# 使用する php のバージョンを指定
AddHandler x-httpd-php70 .php

# シンボリックリンクを有効に
Options +SymLinksIfOwnerMatch

# リライトエンジンを有効に
RewriteEngine On

# PHP の設定ファイル php.ini を使うために必要
suPHP_ConfigPath /usr/home/CPIユーザーID/html/

CPI オンラインヘルプ PHP 設定の変更方法

CMS インストール

WordPress

http://wp-cli.org/

コントロールパネルから、データベースを事前に作成します(MySQL5.5で)

% mkdir ~/html/wp
% cd ~/html/wp
% curl -O https://raw.githubusercontent.com/wp-cli/builds/gh-pages/phar/wp-cli.phar
% php wp-cli.phar core download
% php wp-cli.phar core config --dbname=データベース名 --dbuser=ユーザーID --dbpass=データベースパスワード --dbhost=127.0.0.1
% php wp-cli.phar core install --url=http://you.secure.ne.jp/wp --title=サイト名 --admin_user=ログインユーザー名 --admin_password=ログインパスワード --admin_email=cpi@example.com

うまくいったら確認してみよう(ドメインはコントロールパネルのお客様情報から確認)

http://you.secure.ne.jp/wp

ポイント

  • データベース名はコントロールパネルで確認
  • データベースのユーザーID、パスワードは設定完了通知に「データベース情報」として記載されています
  • CPI では MySQL データベースのホスト名は 127.0.0.1 です( localhost ではない)
  • MySQL 5.5 のポートは 3306 MySQL 5.6 のポートは 3307
  • 管理画面のログイン情報 --admin_user --admin_password --admin_email は自分のものに変更

Drupal

http://docs.drush.org/en/master/install/

コントロールパネルから、データベースを事前に作成します(MySQL5.6で)

% mkdir ~/html/drupal
% php ~/composer.phar create-project drupal-composer/drupal-project:8.x-dev ~/html/drupal --stability dev

あとはブラウザにアクセスしてウィザードに従います

http://you.secure.ne.jp/drupal/web

ポイント

  • データベース情報の入力欄が一部隠れていてクリックで開いて入力する必要がある

concrete5

http://documentation.concrete5.org/developers/installation/installation

データベースを事前に作成(MySQL5.5で)

% mkdir ~/html/concrete5
% cd ~/html/concrete5
% git clone https://github.com/concrete5/concrete5.git
% cd concrete5
% php ~/composer.phar install

あとはブラウザにアクセスしてウィザードに従う

http://you.secure.ne.jp/concrete5/concrete5/

日本語を使うには

翻訳更新用のアドオンをダウンロード

% cd ~/html/concrete5/concrete5/packages/
% % wget https://www.concrete5.org/download_file/-/78253/0/ -O core_translation.zip --no-check-certificate
% unzip core_translation.zip
% chmod 755 ~/html/concrete5/concrete5/application/languages/
  1. ツールバー右端の Dashboard > Extend concrete5 から "Core Translation Updater" アドオンをインストール
  2. Dashboard > System & Settings > Multilingual > Update Core Translation から core-dev-8 を選択して "Select" ボタンをクリック
  3. Select Language で Japanese を選択して "Update" ボタンをクリック
  4. Dashboard > Sysgem & Settings > Basics > Languages で Japanese を選択して "Save" ボタンをクリック

TYPO3

https://docs.typo3.org/

データベースを事前に作成(MySQL5.6で)

% mkdir ~/html/typo3
% php ~/composer.phar create-project typo3/cms-base-distribution ~/html/typo3
% cd ~/html/typo3/web
% touch FIRST_INSTALL

あとはブラウザにアクセスしてウィザードに従う

http://you.secure.ne.jp/typo3/typo3/

ポイント

php.ini の設定変更を幾つか求められます。

October

https://octobercms.com/docs/console/commands#console-install

データベースを事前に作成(MySQL5.6で)

% mkdir ~/html/october
% php ~/composer.phar create-project october/october ~/html/october dev-master
% cd ~/html/october
% php artisan october:install

http://you.secure.ne.jp/october/backend

ポイント

インストールはコマンドラインのウィザードで完結します。

Grav

https://learn.getgrav.org/basics/installation

データベースが不要なCMSです。事前に作成しません。

% mkdir ~/html/grav
% php ~/composer.phar create-project getgrav/grav ~/html/grav
% cd ~/html/grav/
% php bin/grav install
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away