Edited at

HTTPトリガーを使ってWebAPIを作成する

More than 3 years have passed since last update.


やりたいこと

DataSpiderのHTTPトリガーを使って、DataSpider上で作成した処理スクリプトを外部アプリケーションからHTTPで処理を呼び出します。

ResponseはJSON、XML等のデータ形式を選択することができます。

今回はJSON形式で返却する処理を作成しました。


事前準備


  • 処理スクリプトがサービス登録されていること

  • スクリプト出力変数が設定されていること

  • ↓サンプルスクリプト
    sample.png


HTTPトリガーの設定

1.Studio for Webのメニューバーからマイトリガーを選択

mytrigger.png

2.HTTPトリガーを選択

httptrigger.png

3.HTTPトリガーの設定を行います。

 1.実行パスの設定。ここがリクエストを行うURLになります。

 2.今回はJSON形式のレスポンスが必要なので、Conten-Typeにapplication/jsonを選択します。

 httptrigger02.png

 3.リクエストURLを確認します。

  今回はsearchとしたので

   http://<DataSpiderServer稼働OSのホスト名またはIPアドレス>:<DataSpiderServerのポート番号>/dataspider/trigger/search}

  がリクエストURLになります。確認が終わったら次へをクリックします。

 4.実行したいサービスとスクリプトを選択し、スクリプト出力の出力データを選択します。

 httptrigger03.png

 5.完了をクリックして設定は完了です。


Responseの確認


  • ブラウザを起動し、HTTPトリガーで生成されたURLにリクエストを送信します。

  • 正しく結果が表示されることを確認します。

  httptrigger04_01.png


  • 出力するjsonフォーマットの設定方法についてはこちらから