Help us understand the problem. What is going on with this article?

ブログを書くまでがJAWS FESTA 2018 OSAKA!!

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

この度はスポンサー・スタッフの方々を初め、
500+の参加申し込み・400+の来場いただいた方々ありがとうございました!!
image.png

さいこーな1日でした!!

今回は、"お飾りの実行委員長"と"登壇者"と"企業スポンサー"して
JAWS FESTA 2018 OSAKAに参加しました。

実行委員長と登壇の両方やったのって初なのかな??
(すごく疲れました...)

1日中走り回っていたのですが、その中でもいたるところでお声がけいただき
嬉しかったです!

さて、今回ですが、各セッション等については、参加いただいた方がきっと書いてくださるので、自分のセッションについて書きたいと思いますw

自分のセッション

image.png

image.png
ですねww

数千イベント/sをServerless x Microserviceで捌くです。
資料はこちら
今回は抽象度高めの内容にしました。
初めは、がっつり現場のエモいインフラよりな話で構成していたのですが、
聴きにきていただく方は、どんな内容だと喜んでもらえるかなーとかどんな話聞きたいのかなーとか色々考えました。(社内のあれこれもあり....おっと...)
"なぜ"そうした/選択したのかってあたりかなーと思い、そんな感じにしました。

で、今回試みたのが下記の2点です。
1. 僕はOutputするだけでなく、さらに多くのInputをもらえるような取り組み
2. アンケートにより、聞きたい内容とマッチしていたかの確認

1.については、セッションの初めにTwitterで「始まるよー」的なtxtを含んだQRコードを表示し、皆さんにTweetしてもらうことをしました。
これにより、初めからスマホを出してTwitterを開いていただけるので、その後も感じたことをTweetいただける準備ができると踏んだからです。

結果は、、、、、、、、

ザーッとTweetを確認しました。
僕のセッションのTweet多かった気がします!!!!(ニヤリ
皆さんの感じ方を学べる好材料ですので、じっくり分析・ふりかえりさせていただきます!!!
ありがとうございます!!!!

2.については、、、、、、

Q. 満足度をお聞かせください
image.png
ありがとうございます!!!!!

Q.よかった点を教えてください
image.png
image.png
image.png
ありがとうございます!!!!
「書籍などに書いていない、DeepDiveしないとわからないことをフィードバックできれば」の思いで、構成考えましたので、その結果が出ていたのかな!!!!(ニヤリ
後ほど、知人を介して「お礼の言葉などもいただけました!」

Q.イマイチだった点を教えてください
image.png
いや〜うれしいですね!!!!

image.png
これは、すみません。事前練習大事ですね...
時間が余ったので、エモい話&質問タイムに切り替えましたが、
エモい話がよかった!!!と言っていただける方や、
いっぱい質問いただき、嬉しい限りです!

=>
用意していたタイトルからは、少し抽象度の高いお話になってしまいましたが、
そこまで外していなかったのかな。と思いますw(自己満)

さいごに

2点の取り組みをしてみて、いい感じに結果が出ていたので、
こちらもブラッシュアップしていこうと思います!

また、違う場所で同じ内容で後数回お話したいなー
お話するごとに、ブラッシュアップされ、自分の中でもまとめが進むと思います。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした